お知らせ
採用情報
熊本県熊本市中央区の大人と子どもの診療室-ひかる歯科ちえこども歯科へのお問い合わせ電話番号
お知らせ
HOME >  保育園の歯科健診に行ってきました

こどもの 口腔機能を 育てるには 一覧

保育園の歯科健診に行ってきました

こんばんは。

熊本市中央区国府の 家族で通える歯科医院 ひかる歯科ちえこども歯科の 甲斐田です。

 

先日 歯科健診に行ってきました。

最近は、虫歯のお子さんは少ないのですが、歯列不正のお子さんは多いと感じました。

虫歯が少ないのは良い事なのですが、上顎の育ちがよくないと感じます。

 

この岡崎先生、柿崎先生の作られた 画像を思い出しますね。

以前は上下の顎の成長がよく、歯と歯の間も隙間が空いていたのですが、だんだん隙間がなくなってしまい

さらには、下顎の成長が悪くなって、イーと噛んだ時に、全く 下の歯が見えなくなってしまっている

お子さんが沢山いらっしゃいます。

下顎の成長を促すには

ハイハイ、といった 四つ這いの運動が 良いといわれています。

また、前歯をつかった かじり取りをするような 食べ物を 食べることも推奨されています。

全体的に便利になって 運動量が減っているのだろう・・・と思っています。

仕上げ磨きの後に ベロタッチをお勧めします!

嘔吐反射が強いお子さんには、毎日のベロタッチをお勧めしています。

そのほかにも、口腔機能の発達に効果があります。

仕上げ磨きのついでにちょっとやってみてくださいね。

お口ぽかんに注意しましょう!

お口ぽかんが気になる、という患者さんは 最近多くなってきました。

口呼吸の弊害が 以前より 知られるようになったためだと思います。

口呼吸すると、ウィルスが入りやすく、喉が乾燥して 風邪など感染症にかかりやすくなるほか

歯並びやお顔の成長にも影響を与えます。

口呼吸の原因の大きな一つに 鼻の疾患があります。

当院の矯正では、必要だと感じた方には 耳鼻科をご紹介することもあり、アデノイドや口蓋扁桃肥大で 手術が必要と診断されたお子さんもいます。

手術をしたお子さんは、手術後、それだけでお口の環境がよくなり、歯並びの改善が急速に進んだお子さんもいます。

手術をしたお子さんの年齢は6歳から中学生まで に広い範囲に渡ります。

オペ後は患者さん(お子さん)が

「してよかった。すごく息が吸える」「全然違う」
「いびきをかかなくなった」
「実はおねしょがあったが、おねしょがなくなった」

等 オペ前後は大変だと思いますが、

お子さんたちも親御さんも してよかった、と言われるのが印象的です。

指しゃぶり いつ卒業すればいいか?

 

 

 

 

 

 

こんばんは。

熊本市中央区国府の 家族で通える歯科医院 ひかる歯科ちえこども歯科の 甲斐田です。

 

指しゃぶりの種類について

① 生まれてから2歳くらいまで 生理的指しゃぶり

② 1歳くらいから 4歳くらいまで 心理的ゆびしゃぶり

③ 2歳3か月ごろから 6歳まで 指しゃぶり 習癖

 

 

この中で ① は 直さないでいい 指しゃぶりです。

 

3歳くらいまでに卒業してもらえばいいですよ。

 

それより長い場合には 歯並びの問題が出てくることがあります。

 

親御さんは どの時期の 指しゃぶりも 気にされていますが、

2歳半までの指しゃぶりは 生理的なもので、3歳までに自然に卒業できればいいなー

と思って見守ってもらえればと 思います。

3月10日 3月14日 オンラインの離乳食講座でお話させていただきます

熊本市中央区国府の 家族で通える歯科医院 ひかる歯科ちえこども歯科 小児歯科担当の 甲斐田です。

3月10日 3月14日に オンラインで お子さんのお口の機能や 離乳食について お話することになりました。

普段 診療室で患者さんにお話ししたいと思っていることを 話しています。

お口の機能や離乳食に 関心のある方は ぜひ 聞いていただけたらと思います。

子どもの口腔機能についての セミナーを受講しました

こんばんは。
熊本市中央区国府の 家族で通える歯科医院 ひかる歯科ちえこども歯科の甲斐田です。

本日はセミナーを受講しました。

「機能の発達を多角的に考え―とくに脳との関連の視点からー」
【講師】 石黒光 先生

今回はZOOMでの受講でした。

いろんな視点から こどもの 食べる機能についての 考察をされていて

非常に勉強になりました。

お子さんの口腔機能が 昔より うまく育っていない 口腔機能不全、といわれています。

当院では お子さんのお口の機能をよくする 取組みを行っています。

お気軽にご相談ください。

学研 あそびと環境 0.1.2歳 1月号

先日 町村先生の記事が載ると お知らせした 学研の 雑誌を購入しました。

とても良かったです。

さすが 町村先生! という内容の まとめになってます!!!

ぜひ 離乳食期のお母さんたちに 読んでいただきたいと思いましたので 再度こちらでご紹介させていただきます。

 

内容については おいおい 必要な 月齢のお子さんの お母さんには 診療でも お伝えしていきたいと思います。

数か月前に、ある保育園の先生に、ぜひ 離乳食のお話を聞きたいと お電話をいただいたのですが

先生、この本 絶対買いですよー。見ておられるかな。。。

舌小帯切除

当院では舌小帯切除は年長さんから行っています。

小さいお子さんは お母さんに舌小帯を手で伸ばしてもらったり、舌の体操をしてもらっていますので

受診時にお尋ねください。

 

先日全身麻酔で 舌小帯切除をしたという 幼児さんがいらっしゃいました。

この方は県外から転居されてきた方なので、熊本では 全身麻酔での 舌小帯切除を 小さい時から行っている、

というところがなかなかみつけられていません。

小児歯科学会も早期の切除には否定的です。

ただ、今回受診された患者さんの舌の動きがいいと思いましたので、そのお子さんに関しては早期に切除されたのは正解だったんじゃないかなと思います。

舌の動きが、将来の歯並びやお口の機能やお顔立ちまで 左右しますので、まずは ベロタッチから、ということをお薦めしています。

食の問題にどうかかわる?

こどもの発達の専門家である 町村純子先生の記事が 雑誌に掲載されるそうです。

私も購入して読みたいと思います。

 

指しゃぶりが治って 歯並びも治った!

こんにちは。

熊本市中央区国府の 家族で通える歯科医院 ひかる歯科ちえこども歯科の 甲斐田です。

 

指しゃぶりのある4歳のお子さんに 寝るときに 舌の位置が正しくなる装置を 装着してもらったところ

かなり改善したので ご紹介しますね。

指しゃぶりのせいで、上下の前歯がかみ合わなくなっている オープンバイトという状態

 

1年後

歯並びは改善し、指しゃぶりも卒業

舌の吸い上げもできるようになり 口腔機能が改善しました。

お口を開けて寝ていたのが、お口を閉じて寝るようにもなりました。

 

指しゃぶりは、2歳くらいまでの間は 特に辞めさせる必要はないと思っています。

4歳以上でも自然に卒業できないようなら、こういった装置での手助けも考えていきたいと思います。

 

指しゃぶりのあるお子さんは 舌の位置が正しい位置にはないので

口腔機能改善のため、1年ほど毎月 通院してもらう必要があります。

 

こういった 治療で お口の機能が育ち、舌の位置は改善してくると思いますが、必ずしも歯並びも 改善するとは限りません。

このお子さんは本当にいろんな要素がよくなったんだなと思います。

 

また、舌の位置を改善する 装置を入れることを希望される場合は、装置を作るために お口の型とりができないといけませんので、

ある程度、お子さんの協力状態が良い 必要があります。

 

まだ、型取り等、協力状態が難しいときは、無理する必要はないと思います。

おうちで口腔機能が育つように促すマッサージなどをしてもらっています。

興味のある方はお尋ねください。

 

1 2 3 4 5 6