お知らせ
採用情報
熊本県熊本市中央区の大人と子どもの診療室-ひかる歯科ちえこども歯科へのお問い合わせ電話番号
お知らせ
HOME >  マイオブレイス矯正の効果紹介 9

Myobrace® Member 一覧

マイオブレイス矯正の効果紹介 9

マイオブレイス矯正の経過紹介です。

10歳男児

開始から現在で9カ月になります。 使用装置 マイオブレイスのみ です

開始前

開始前

開始前

開始前

 

 

 

 

 

 

 

開始前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9か月後

9か月後

9か月後

 

 

 

 

 

 

 

9か月後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上手に装置を装着してくれたので、経過は非常に良い状態です。

この子はあと1年以内には終了できると思います。

 

矯正治療についての注意事項

  • 治療経過は個人によって異なり、治療期間、治療に使用する装置も異なります。
  • 矯正治療中は虫歯や歯周病のリスクが高まることがありますので丁寧にブラッシングを行っていただく必要があります。
  • また、矯正治療においては、歯茎がやせて、歯茎が下がる(歯肉退縮)可能性もあります。

    もともと、歯周病があったり、歯並びの凹凸が大きいと発症しやすい傾向にあります。

  • また、希ではありますが、歯根吸収(歯の根が短くなる)や歯の神経に問題がでるといったことが起ることもあります。

マイオブレイス矯正 の効果紹介 8

開始年齢 8歳

使用装置 マイオブレイスシリーズ BWS

治療期間 1年9か月

開始前

開始前

開始前

1年9か月後

1年9か月後

1年9か月後

 

矯正治療についての注意事項

  • 治療経過は個人によって異なり、治療期間、治療に使用する装置も異なります。
  • 矯正治療中は虫歯や歯周病のリスクが高まることがありますので丁寧にブラッシングを行っていただく必要があります。
  • また、矯正治療においては、歯茎がやせて、歯茎が下がる(歯肉退縮)可能性もあります。

    もともと、歯周病があったり、歯並びの凹凸が大きいと発症しやすい傾向にあります。

  • また、希ではありますが、歯根吸収(歯の根が短くなる)や歯の神経に問題がでるといったことが起ることもあります。

 

 

矯正 治療経過紹介 7

治療開始年齢 9歳

治療期間 2年4か月

 

開始前

治療後

開始前

治療後

開始前

治療後

 

 

矯正治療についての注意事項

  • 治療経過は個人によって異なり、治療期間、治療に使用する装置も異なります。
  • 矯正治療中は虫歯や歯周病のリスクが高まることがありますので丁寧にブラッシングを行っていただく必要があります。
  • また、矯正治療においては、歯茎がやせて、歯茎が下がる(歯肉退縮)可能性もあります。

    もともと、歯周病があったり、歯並びの凹凸が大きいと発症しやすい傾向にあります。

  • また、希ではありますが、歯根吸収(歯の根が短くなる)や歯の神経に問題がでるといったことが起ることもあります。

 

 

マイオブレイス矯正 7か月の経過 経過紹介5

こんばんは。

熊本市中央区国府の 家族で通える歯科医院 ひかる歯科ちえこども歯科の甲斐田です。

 

今日は、マイオブレイス矯正開始後7か月の経過を紹介します。

年齢は 7歳 使用装置は マイオブレイス とMFT(筋機能療法)になります。

開始前

上下の前歯の真ん中の正中があっていません。右下の側切歯が場所がなくて並びきらない状態です。

開始前

右下の側切歯が並びきらない状態です。

開始七か月

上下の前歯の正中がだいぶあってきました。もう一息です。

開始7か月

右下の側切歯がだいぶ並んできました。あと一息だと思います。

 

矯正治療についての注意事項

  • 治療経過は個人によって異なり、治療期間、治療に使用する装置も異なります。
  • 矯正治療中は虫歯や歯周病のリスクが高まることがありますので丁寧にブラッシングを行っていただく必要があります。
  • また、矯正治療においては、歯茎がやせて、歯茎が下がる(歯肉退縮)可能性もあります。

    もともと、歯周病があったり、歯並びの凹凸が大きいと発症しやすい傾向にあります。

  • また、希ではありますが、歯根吸収(歯の根が短くなる)や歯の神経に問題がでるといったことが起ることもあります。

 

 

 

 

マイオブレイス治療の経過紹介 4

こんばんは。

熊本市中央区国府の 家族で通える歯科医院 ひかる歯科ちえこども歯科の 甲斐田です。

マイオブレイス治療の経過を紹介します

小2-小4の経過です。治療期間 約2年

 

治療前

治療後

治療後

 

使用装置 マイオブレイスシリーズ と  咬合斜面板 のみです

もともと上下の前歯の正中があっておらず 大臼歯関係が angleのⅡ級ぎみだったため 1級にするのに 苦戦しました。

現在までの経過は良好です。

 

患者さんの頑張り、保護者の方のご協力もあって、難しい歯並びも かなり高いレベルで

治っているのではないかと 思っています。

 

これからも 子供たちが長い人生で 楽しく食事をしていく助けになる よりよい歯並びになるように わたしたちも

治療に 精一杯取り組んでいきたいと思います。

矯正治療についての注意事項

  • 治療経過は個人によって異なり、治療期間、治療に使用する装置も異なります。
  • 矯正治療中は虫歯や歯周病のリスクが高まることがありますので丁寧にブラッシングを行っていただく必要があります。
  • また、矯正治療においては、歯茎がやせて、歯茎が下がる(歯肉退縮)可能性もあります。

    もともと、歯周病があったり、歯並びの凹凸が大きいと発症しやすい傾向にあります。

  • また、希ではありますが、歯根吸収(歯の根が短くなる)や歯の神経に問題がでるといったことが起ることもあります。

マイオブレイス矯正の 経過紹介 3

こんばんは。

熊本市中央区国府の 家族で通える歯科医院 ひかる歯科ちえこども歯科の甲斐田です。

MRCの治療経過のご紹介です。

11歳男子 治療経過 治療期間 1年6か月

使用装置 マイオブレイス

 

開始前

開始前

開始前

治療後

治療後

治療後

前歯の角度が適正になったところ

上下の前歯の正中があっているところ

上あごの形が V字からU字に変化しているところ

奥歯が1歯対2歯咬合になっているところなど

非常によくなっています。

アクティビティー(筋機能トレーニング)の取り組みが非常によく2年経過しないでの終了となりました。

 

矯正治療についての注意事項

  • 治療経過は個人によって異なり、治療期間、治療に使用する装置も異なります。
  • 矯正治療中は虫歯や歯周病のリスクが高まることがありますので丁寧にブラッシングを行っていただく必要があります。
  • また、矯正治療においては、歯茎がやせて、歯茎が下がる(歯肉退縮)可能性もあります。

    もともと、歯周病があったり、歯並びの凹凸が大きいと発症しやすい傾向にあります。

  • また、希ではありますが、歯根吸収(歯の根が短くなる)や歯の神経に問題がでるといったことが起ることもあります。

マイオブレイス矯正1年の経過 経過紹介2

こんばんは。

熊本市中央区国府の 家族で通える歯科医院 ひかる歯科ちえこども歯科の甲斐田です。

本日ご紹介するのは、当院での マイオブレイス矯正をしてくれているお子さんの1年での変化です。

使用装置 マイオブレイス 10歳 男子

歯並びも徐々に整ってきますが、口呼吸を治し、口を閉じて鼻呼吸で生活していくことで 口元が引き締まってきます。

鼻で呼吸しているなっていうお顔立ちになります。

 

 

開始前

開始前

 

 

1年後

1年後

矯正治療についての注意

  • 治療経過は個人によって異なり、治療期間、治療に使用する装置も異なります。
  • 矯正治療中は虫歯や歯周病のリスクが高まることがありますので丁寧にブラッシングを行っていただく必要があります。
  • また、矯正治療においては、歯茎がやせて、歯茎が下がる(歯肉退縮)可能性もあります。

    もともと、歯周病があったり、歯並びの凹凸が大きいと発症しやすい傾向にあります。

  • また、希ではありますが、歯根吸収(歯の根が短くなる)や歯の神経に問題がでるといったことが起ることもあります。

マイオブレイス矯正 3か月の経過

こんばんは。

熊本市中央区国府の 家族で通える歯科医院 ひかる歯科ちえこども歯科の甲斐田です。

 

開始前

マイオブレイス3か月

開始前

 

 

 

 

 

マイオブレイス3か月

 

10歳 女子  上顎前突 軽度叢生(ガタガタということです)使用装置 マイオブレイス only

生え変わりが早くて マイオブレイスを始めるには遅い 永久歯列になっていましたが、本人のやる気と熱心な取り組みで 早期に

治ってきています。

マイオブレイス矯正を始める推奨時期は 1年生から3年生ですが、小学生なら、永久歯列になっていても、うごくことがありますので、ご相談ください。

矯正治療についての注意

  • 治療経過は個人によって異なり、治療期間、治療に使用する装置も異なります。
  • 矯正治療中は虫歯や歯周病のリスクが高まることがありますので丁寧にブラッシングを行っていただく必要があります。
  • また、矯正治療においては、歯茎がやせて、歯茎が下がる(歯肉退縮)可能性もあります。

    もともと、歯周病があったり、歯並びの凹凸が大きいと発症しやすい傾向にあります。

  • また、希ではありますが、歯根吸収(歯の根が短くなる)や歯の神経に問題がでるといったことが起ることもあります。

こどものいびき と おねしょ

こどものいびきが気になる、というお母さんが時々いらっしゃいます.

よくいびきをかいているお子さんや小学生になってもおねしょをするお子さんには睡眠時無呼吸の可能性もあります。

 

そんな中、当院のMRC矯正の患者さんAくんのお母さんが、

「この子、この治療はじめてすぐ いびきを全くしなくなったんですよ。

でも 今度は下の子が1人で大きないびきをかいているので凄く気になってます。」

Aくん

「Bくんのいびき、すっごいうるさいよね。」

ということでした。

 

MRC矯正を開始して、いびきがなくなった、睡眠がよくなった というお子さんは何に人もいます。

別の患者さんも 小児科のクリニックで、睡眠時無呼吸じゃないかということで検査が決まっていた、ということなんですが、

このMRC矯正を開始して、睡眠時無呼吸症候群の検査はしないでいいことになったそうです。

 

ほかにも、私からみて、このお子さんって睡眠時無呼吸 がでてたんじゃないかな、というMRC矯正の患者さん(お子さん)がいるのですが、

「いびきはかいていませんでしたか?」

「いびきをかいていたかどうかはわかりません」

「おねしょはどうでしたか?」

「そういえば、以前はありましたね。そうですか。睡眠時無呼吸症候群の1症状に おねしょがあるんですね。しりませんでした」

 

とのことでした。

 

MRC矯正では 口呼吸→鼻呼吸への トレーニングをしますし、気道も広くなってきます。

呼吸を変えるのは難しいですが、よい呼吸を獲得することができ、そのため お口の筋肉のバランス、顎の成長、歯並びも変化してきます。

 

当院のMRC矯正で 患者さんの睡眠時無呼吸の症状がよくなっているならとても嬉しいなと思いました。

 

 

 

私自身の矯正治療 と MRC

自分自身の矯正治療について  ですが

私は歯科とは無関係の一般的な家に生まれました。

(主人(院長)は父が歯科医師です。)

 

しかし、ほとんど虫歯がありません。

実は奥歯に2本治療痕がありますが、今となっては、これってたぶん、削らなくてよかったのに治療されたんだろうな、と思います。

まあその話はいつかまた書きます。

親に感謝しているのは、虫歯がほとんどない子に育ててくれたことです。

ちなみにうちの子供も(小学生2人)1本もむし歯はありません。むし歯は食生活さえ気を付ければ できません。

 

小さい頃は 下唇をかむ癖があり、それをよく親に指摘されていました。

実際そういう写真も実家に残っています。

 

かみ合わせは悪かったのですが、出っ歯ではあったものの、歯がガタガタしていなかったので 自分の歯並びが悪いということに 気づいていませんでした。

そういう方、患者さんにもたくさんいらっしゃいます。かみ合わせが悪くても、ガタガタしてなければ、OK!みたいな。

実際専門的なことを学ばないと歯並びって難しいですよね。

 

しかし、大学に入って、1年生のとき、すべての科(歯科のなかでもいろんな専門科にわかれています)を回る授業がありました。

そこで訪れる科で、必ず、あなたは歯並びを治した方がいいね、と指摘されるんです。

小さい頃、下唇をかむ癖があったね、とも指摘されました。

自分の小さい頃の癖まで当てられて、すごいなーと思いました。

私の歯並び、治した方がいいんだ、ということに気づきました。

 

しかし、当時学生でお金もなかったですし、何よりあの装置をつけるのが嫌で、結局学生時代6年間矯正しませんでした。

(歯学部の半数以上は学生の間に矯正します。やはり自分の歯並びについてしり、気になりだすからです)

でもずっと治したいと思っていたところ、ある日、歯並びが悪いせいもあり、顎関節症になりました。

口が開かなくなったり、顎がすごく痛くなったり、そういうことです。

 

それで観念して 研修医のときに、矯正治療を開始しました。

そのときの主治医は 現在小倉で 開業されている 五百井先生です。

五百井先生は技術はすばらしいうえに、仏のように優しい先生で、矯正科を回った時に

この先生にぜひ主治医になってもらいたい、と思ったので、実習で担当してもらった後、お願いに行きました。

その後2年して、治療が終わり、顎関節症がよくなりました。

 

私は 歯科とは無縁の 一般家庭で育ち、 歯並びのこともよくわからず、矯正も高額と感じていました。

ブラケットの装置もとても嫌でした。

ですから、一般的な感覚もよくわかっているつもりです。

しかし、歯並びを治したことは、非常に良かったです。

それは、審美的に、というのもありますが、かみ合わせがかわったことで、顎関節症もなおり、口も閉じやすくなり、風邪もひきにくくなりました。

 

さらに、当院でやっているMRC矯正はというと、 ブラケット装置もつけずにできますし、大人になってブラケット治療をするよりも成長を味方につけて

よい発達を得ることができます。気道も広くなり、よい睡眠が獲得できて、健康になります。

治療のゴールのレベルも高いと思います。

健康を獲得すること、呼吸が変わることによる顔貌の変化もふくめると、素晴らしい価値があります。

(そういえば、呼吸と睡眠がよくなった結果、成績があがった子もいます。勉強に集中できるようになったそうです。

これは患者さんの自己申告によるものなので、確かめようはないのですが)

 

私がこどものときにこの治療があったら、ぜひ受けたかったと本当に心から思っています。

タイムマシンがあったら、トレーナー(マイオブレイス)を子供のころの自分に渡したいです。

もしそういうことができていたら、今より健康で風邪をひきにくいでしょうし、今より顔のバランスもいいはずです。

 

実際にお母さんたちにも、大人はできないんですか?とか、私も子供のころにこの治療を受けたかったといわれます。

もちろん、自分のこどもにもやっています。

自分のこどもにこの治療をやることができたことが、歯科医師になっての一番の収穫のようにも感じています。

本当は、知っている子供たちみんなに薦めたいですが、自費なので、聞かれた時だけお話しています。

 

 

でも、本当にお薦めなんです。

どうしたら、この価値を 皆さんにわかってもらえるかなと、考えています。

 

今度、歯科の友人にMRC治療についてのセミナーをすることになりました。

当院はかなりよいレベルで患者さんが治っていっていると思います。

MRC矯正についてはもう長い間取り組んでいるのでだいぶ自分のなかでもいろんなことが整理されてきました。

セミナーをすることで患者さんにもより伝わりやすいお話ができるようになると思います。

1 2