お知らせ
採用情報
熊本県熊本市中央区の大人と子どもの診療室-ひかる歯科ちえこども歯科へのお問い合わせ電話番号
小児歯科診療メニュー
HOME >  小児歯科診療メニュー

小児歯科

こども専用の診療室

熊本県熊本市中央区の歯科医院-ひかる歯科ちえこども歯科の小児歯科について

こども専用の診療室、こども用の治療用チェア、こどもトイレ、授乳室もございます。

お子さんが騒いでも大丈夫です。
小児歯科初回は検査とカウンセリングとトレーニングになります。
お気軽にご相談ください。
急性の症状がある場合は、初回から治療を行います。

定期健診

フッ素塗布・歯磨き指導

小学生以上のお子様はフッ素塗布の前に、染め出して歯磨き指導を行っています。
定期的に練習をすることで歯磨きが上手になり、自分でホームケアができるようになってきます。
歯ブラシは当院お薦めの歯ブラシを差し上げていますのでお持ちいただかなくて大丈夫です。使いやすいと評判で後々購入される方も多いです。
フッ素塗布は、小さいお子様は歯ブラシで、大きくなるとトレー法で塗布しています。

専門的な小児歯科治療

小児歯科を学んだ歯科医師が、専門性の高い安全に配慮した治療を行います。

(1)ラバーダム使用の安全で正確な治療

熊本県熊本市中央区の歯科医院-ひかる歯科ちえこども歯科の専門的な小児歯科治療
ラバーダムを使用することによる利点とは
  • お子様が急に動いてもお口の中を傷つけることがありません。
  • 治療中、唾液が治療部位に付着しないため、詰め物が長持ちします。
  • お子さんのお口の中に、お水や薬液が流れることがありません。

(2)こどもの歯を早期に失った場合に大人の歯の場所とりをする保隙治療(保険適用)

熊本県熊本市中央区の歯科医院-ひかる歯科ちえこども歯科の保険適用治療
虫歯などで歯を早期に失った場合、歯並びが悪くなるのを防ぎます。

(3)笑気吸入鎮静法でリラックスした治療

熊本県熊本市中央区の歯科医院-ひかる歯科ちえこども歯科の笑気吸入鎮静法
笑気吸入鎮静法の効果 お子様の不安な気持ちを和らげます。
嘔吐反射があるお子さんは嘔吐反射が和らぎ楽に治療を受けることができます

(4)小児の予防ケア+PMTC+フッ素塗布

当院では問題が大きくなる前の受診をお薦めします。
永久歯虫歯ゼロのお子さんに育てるお手伝いをしたいと思っています。
3歳までに歯科に受診したお子さんは、虫歯ゼロに育つ確率が高いです。ぜひ3歳までに一度当院にご受診ください。
定期的に通うことで歯科を身近に感じ、好きになってもらえたらと思います。

(5)子供の矯正

目立たない、取り外しできる装置を主に使用いたします。
当院はオーストラリアのMRC本部に正式に認定されている歯科医院です。
現在も沢山の患者さんが当院で歯並びの治療を行っています。
こどもの矯正治療については、詳しくはこどもの矯正のページをご覧ください。
費用は、基本料35万円(税抜) 指導調整料 5,000円(税抜)かかります。

(6)インビザライン

熊本県熊本市中央区の歯科医院-ひかる歯科ちえこども歯科の矯正インビザライン
透明の取り外し式のマウスピース型の矯正治療です。
中学生以上から大人向けの矯正治療になります。
費用は 基本料65万円(税別)調整毎に5,000円(税別)かかります。

治療経過

[症例1] インビザラインの治療経過

ディスキングと右下1番の抜歯を行って治療しました 。
治療期間は2年で、クリンチェックは3回作成して終了しました。
1日22時間装着してくれる協力的な患者さんでスムーズに治療が進みました。
熊本県熊本市中央区の歯科医院-ひかる歯科ちえこども歯科の治療実績1
熊本県熊本市中央区の歯科医院-ひかる歯科ちえこども歯科の治療実績1-1
治療期間 2年 / 使用装置 インビザラインフルタイプ / 右下1番抜歯 ディスキング併用

[症例2] マイオブレス矯正の治療経過

熊本県熊本市中央区の歯科医院-ひかる歯科ちえこども歯科の治療実績2
熊本県熊本市中央区の歯科医院-ひかる歯科ちえこども歯科の治療実績2-1
治療期間 2年1カ月 / 治療開始 8歳 / 使用装置 マイオブレイス BWS

[症例3] マイオブレス矯正の治療経過

熊本県熊本市中央区の歯科医院-ひかる歯科ちえこども歯科の治療実績3
熊本県熊本市中央区の歯科医院-ひかる歯科ちえこども歯科の治療実績3-1
治療期間 1年8カ月 / 治療開始 10歳 / 使用装置 マイオブレイス BWS

矯正治療についての注意事項

  • 治療経過は個人によって異なり、治療期間、治療に使用する装置も異なります。
  • 矯正治療中は虫歯や歯周病のリスクが高まることがありますので丁寧にブラッシングを行っていただく必要があります。
  • また、矯正治療においては、歯茎がやせて、歯茎が下がる(歯肉退縮)可能性もあります。
    もともと、歯周病があったり、歯並びの凹凸が大きいと発症しやすい傾向にあります。
  • また、希ではありますが、歯根吸収(歯の根が短くなる)や歯の神経に問題がでるといったことが起ることもあります。 
ひかる歯科ちえこども歯科のトップページに戻る