お知らせ
採用情報
熊本県熊本市中央区の大人と子どもの診療室-ひかる歯科ちえこども歯科へのお問い合わせ電話番号
お知らせ
HOME >  久しぶりの来院

NEWS&BLOG 一覧

久しぶりの来院

こんばんは。

熊本市中央区国府の 家族で通える歯科医院 ひかる歯科ちえこども歯科の甲斐田です。

 

最近 数年ぶりに来院される患者さんが 増えています。

お子さんだったら5年ぶりだと

2歳⇒7歳なので、 すごく大きくなっていて、もうなんでもできるようになっています。

そんな感じの患者さんが 昨日今日と来院されました。

成長を見せてもらえると嬉しいですね。

 

大人の方も 数年ぶりに来院される方がいらっしゃいますが、

久しぶりに 思い出して来院してもらうと 嬉しいです。

 

とはいえ、大人の方は歯周病のリスクがありますので

忙しくても1年に一度は 歯科医院のご受診がおすすめです。

一番奥の歯の歯茎が腫れているんですけど・・・

こんばんは。

熊本市中央区国府の 家族で通える歯科医院 ひかる歯科ちえこども歯科 の 甲斐田です。

 

奥歯の歯茎が腫れている ということで受診される方がちょこちょこいらっしゃいます。

その奥歯は

乳歯の奥歯(第2乳臼歯)だったり 6歳臼歯だったり 親知らずだったり

その人の一番奥の歯は人それぞれですが、

その方の1番奥の歯の歯茎に

プラークがたまってしまい、腫れてしまうということが起こっています。

この赤丸のところのように、歯茎がポケット状になっているところに

プラークがたまってしまい 歯冠周囲炎が起こります。

 

奥歯が生えていて、歯茎がまだかぶっているときは

歯磨きすると出血しやすいんですよね。

そうすると、皆さん 磨いちゃいけないのかな、と思って あまり磨かなかったりするみたいです。

 

出血しても磨いてもらったほうがいいです。

それが

歯冠周囲炎や虫歯の予防になります。

 

歯槽膿漏とは・・・?

こんばんは。

熊本市中央区国府の 家族で通える歯科医院 ひかる歯科ちえこども歯科 の 甲斐田です。

 

歯槽膿漏って単語は聞いたことがありますか?

今は、歯ブラシや 歯磨き粉の CMで 「歯周病は・・・」 といったりしていますが、

私が子供のころは、CMでは 「歯槽膿漏の予防は・・・」

という感じで、「歯槽膿漏」 という単語を連呼していました。

 

しかし、歯槽膿漏が どんな病気か ということは CMをみていても あまりよくわかりませんでした。

歯槽膿漏ってなんなんだ?と不思議に思いながらCMをみていたものです。

 

若い人たちには びっくりかもしれませんが、そもそもインターネットがない時代なので、

すぐに調べようにも調べられなかったんです。

 

 

歯槽膿漏= 歯周病のことで

歯周病とは、歯を支える歯茎や 骨が病気にかかり、

歯を支える歯茎や骨がどんどん少なくなっていって 歯が抜ける病気

ということをしったのは、大学生になってからでした。

 

みなさんは歯周病がどんな病気かご存知ですか?

歯が抜けるのは 歯の寿命だと思っていませんか?(つまり年をとればだれでも抜けると思ってませんか?)

 

歯周病は個人個人でリスクが違い、若くても歯周病のリスクが高い人もいれば

お年を召していても 歯周ポケットが浅い方もいらっしゃいます。

 

自分のリスクをきちんと把握して リスクにあった期間で 定期的に

歯科医院に通院されるのが一番です。

詳しく知るためには、日本臨床歯周病学会の 歯周病とは・・・ のページをぜひ読んでみてくださいね。

認知症と歯周病の関係

歯周病菌(Pジンジバリス)が 認知症のリスクを高めることが 九州大 の研究で わかりました。

歯の残存数と認知症との関係

歯が残っていない人ほど 認知症にかかりやすい。

歯を大切に!

もうすでに歯が少ない人は 入れ歯を使いましょう。

噛めるって重要です。

乳歯が全部萌出したら フロスを使いましょう


こんばんは。

熊本市中央区国府の 家族で通える歯科医院 ひかる歯科ちえこども歯科の甲斐田です。

 

乳歯は全部で20本あります

20本萌出したら

乳歯の奥歯2本の間は 仕上げ磨きのときに フロスを使用してください。

3-4歳にかけて

乳歯の奥歯と奥歯の間に 虫歯ができ始める子が います。

歯と歯の間の 虫歯は 大きくなるまで気づかれません。

この虫歯を予防するには

毎日の 仕上げ磨きのときの フロスが効果的です!

先日来てくれた R君

こんばんは。

熊本市中央区国府の 家族で通える歯科医院 ひかる歯科ちえこども歯科の甲斐田です。

 

先日来てくれたRくん。

R君は、年長の時来てくれて、どの歯科医院でも治療できなかったということで

乳歯の奥歯はすべて 根っこがちょっと残ってるだけ という状態で

ほぼ、前歯のみ、になっていました。

 

そういう状態だとお肉とか本当に食べられなくて、

おせんべいをふやかして食べたりしている と言っていました。

 

治療できる歯は治療して、ちょっと残った根っこは抜歯して、

それから、6歳臼歯という大人の歯がでてきたので、

なんでも食べられるようになってきて、ほっと一安心しました。

 

そんなR君ももう2年生。

定期的に来てくれます。

治療も上手ですし、楽しくお話してくれます。

永久歯は虫歯にならないように大切にしてほしいなーと思います。

アメリカ 歯科医師のコロナ感染率は1パーセント未満

このブログを書かれた先生のご投稿によると

【FOXニュース アメリカの歯科医師のコロナ感染率 1 %未満】
ADA が実施し、JADA に掲載された論文の結果について、FOX ニュースから報道がありました。

・歯科医師のコロナ感染率は 1 %未満であった
・パンデミック後に強化した感染対策が奏功していると考えられる…

ということでした。

今後 日本でも継続的に 感染対策を続けられたら と思います。

最近 歯茎が下がってるような気がする という場合

こんばんは。

熊本市中央区国府の 家族で通える歯科医院 ひかる歯科ちえこども歯科の甲斐田です。

 

歯茎のラインが、以前より下がっている、という方いませんか?

それは、歯周病によるものです。

歯茎が下がるのは、加齢変化の一つともいわれていますが

歯槽骨(歯を支える周りの骨)より3.0ミリの距離までしか

健康な歯茎はありません。

 

ですので、

歯茎が下がった⇒歯槽骨のラインが下がっている ということになります。

以前より歯茎が下がっているという方は、

歯を支える骨も減っていますので 注意が必要です。

 

歯周病が進まないようにするためには、

適切なホームケアと 定期的なプロケアが 必要になります。

唾液と虫歯菌 のたたかいです

こんにちは。

熊本市中央区国府の 家族で通える歯科医院 ひかる歯科ちえこども歯科の甲斐田です。

 

虫歯はどうしてできるか?

虫歯菌がお砂糖をエサにお口の中を酸性にする⇒歯が解ける (歯からミネラル分が溶け出す) = 積み重なると初期虫歯のはじまり・・・

唾液が酸性を中性に戻す⇒ 溶け出したミネラル分が戻ってくる(再石灰化)

 

口の中では

お砂糖がお口に入るたびに

唾液と 虫歯菌の戦いが行われています。

 

唾液が勝つように

お口の中が酸性になる時間と回数を減らしましょう!