お知らせ
採用情報
熊本県熊本市中央区の大人と子どもの診療室-ひかる歯科ちえこども歯科へのお問い合わせ電話番号
お知らせ
HOME >  治療をひとつづつ丁寧に

NEWS&BLOG 一覧

治療をひとつづつ丁寧に

フリー素材

熊本市中央区の ひかる歯科ちえこども歯科です。

わたしたちの歯科医院では 治療の手順をひとつづつ丁寧に行っています。

 

まず、おひとりの予約時間を長くとっています。

大人は45分~1時間半、子供の虫歯の処置は30分~とっています。(実際の小さいお子さんの治療にかかる時間は15分程度のことが多いです)

きちんとお時間をおとりしたうえで、

ひとつひとつの手順を丁寧に行っています。

成人の方が定期健に来られた時に、なんらかの治療が必要となった場合、その来院時から治療が開始できるように

しています。

 

たとえば

こどもの治療では ラバーダムをして 唾液を 排除することで

詰め物は 長く持つようになります。

ラバーダムは 特殊な技術で なれないと装着に時間がかかるものです。

当院では慣れているのですぐに装着することができます。

 

これをつけることで、子供が急に動いてしまうことがあっても、こどもの口の中を傷つけることはなく、

こどものお口の中に 治療中のお水や薬が流れることもなく、

詰め物の材料に 唾液がつくこともなく

より安全に 綺麗で 長持ちする 治療をすることができます。

 

こういった当たり前の手順を丁寧に行っていくことと、定期健診にきていただくことで 治療した歯は長持ちするようになります。

 

定期検診が 歯を守ります

歯周病の怖さをご存じでしょうか?

歯周病とは、知らぬ間に 歯を支える 歯茎が下がり、骨が溶けていき

歯は虫歯もなく綺麗なまま ぐらぐらと揺れだして 抜けてしまう病気です

これは、加齢変化でもあるので、誰にでも起ってくる病気です。

 

奥歯を 鏡でみてみてください。

もしかしたら 歯茎が以前より下がっていませんか?

歯周病の原因菌は、バイオフィルムという おうちの お手入れでは 完全に取り除けない 細菌の塊をつくり

じょじょに 歯茎や 骨を 侵していきます。

 

そのため、定期的に メンテナンスを受けて

原因菌を 取り除いていく必要があります。

歯周病の原因菌は細胞にも潜むため 現在 どのような方法でも 完全には取り除けません。

そのため定期的に クリーニングして 歯周病の 進行を 抑える必要があるのです。

 

当院では できるだけ 現状を生かしながら ご自分の歯を 長持ちさせる 手助けをしたい

という 方針で 治療を行っています。

また、メンテナンスの 専門である 歯科衛生士が 多数在籍して

成人のメンテナンス 歯周病予防に 取り組んでいます。

 

わたしたち歯科医院の ミッションとは 患者さんの歯を長持ちさせる  ということであり

そのための衛生士のミッションとは

歯肉が健康な若い時から メンテナンスを実施し、患者さんの人生を通して 歯周病を 予防していくことです。

 

定期的なメンテナンスをご希望のかた、ぜひ ご相談ください。

 

 

 

 

お引っ越し

 

熊本市中央区の ひかる歯科ちえこども歯科です。

当院の建っている場所は 市電が近いため、転勤族のかたが多く住まれている地域です。

そのため、患者さんが遠くへお引っ越しされる、ということにも よく遭遇してきました。

以前から定期的に来院してくださったご家族が 来年の3月で お引っ越しされるというお話を聞きました。

通ってくれるお子さんたちが大きくなる様子を拝見できることは とても嬉しいことなのですが、お引っ越しされるということで

まだ半年も先のことなのに とても寂しいです。

もうこの子たちの成長を 一緒に見守れなくなっちゃうのかー ・・・と言う気持ちです。

元々、他県で 九大歯学部 の先輩のところに 通院されていた患者さんで

「お子さんにすごく合う先生がいるよ。」といってうちに紹介してくださったそうです。

先輩の言葉はとてもありがたいなと思いましたし、

お母さんも本当にすごく合ってよかった、と言ってくださったので

本当に嬉しい気持ちと 寂しい気持ちになりました。

定期的に通院してくださって、みんな 虫歯ゼロで 育っているので

また、新しい土地で ご家族に合った歯科医院に 定期的に通院していただけると良いなーと思います。

 

 

5才以下のお子さんのお母さん 母子手帳をご持参ください

熊本市中央区のひかる歯科ちえこども歯科の甲斐田です。

母子手帳には 1才のとき、2才のとき、と 歯についての記録を記載する欄があります。

ご持参いただけば、記入しています。

その横のページには、この頃は おもちゃは何が好きだった、とか 遊びは何をしてる、とかお子さんの様子を

お母さんが記載するページがあります。

のちのち、とても良い記録になりますので、そちらはおうちで 毎年記載するようにしてくださいね。

今日もお持ちいただいたお母さんがいらっしゃいましたが、最近の 熊本市の母子健康手帳は ミニサイズになってるんだなーと思いました。

 

インビザライン

 

当院では成人の患者様はインビザラインで治療しています。

インビザラインとは 取り外し式の透明の装置です。

インビザラインは抜歯しての治療にはあまり適していないので抜歯してふつうにブラケットで矯正したほうがいいな、という方は信頼できる矯正専門医の先生にご紹介もさせていただいています。

うちでインビザラインの治療をされている方の画像をご紹介させていただきます。

とてもまじめに装置をつけてくださる方で、計画どおりに並んできました。

これは終了の写真ではありませんが、開始から2年くらいで終了しました。

右下の1番だけ抜歯して矯正しています。

ブラケット矯正はしたくない、という方にはこういう方法もあります。

 

インビザラインは奥深いなーと思うので、まだまだ勉強していきたいなーと思っています。

興味のある方はご相談ください。

 

子供の舌のマッサージ

熊本市中央区のひかる歯科ちえこども歯科です。

舌の動きが悪いお子さんや赤ちゃんに 舌のマッサージをしています。

医院でする場合 と、お母さんに覚えてもらっておうちでやってもらう場合 があります。

お子さんの舌の動きが悪くて気になられるときは ぜひご相談ください。

 

 

歯周病の原因 バイオフィルムってなんですか?

バイオフィルムとはなんでしょうか?

バイオフィルムとは 粘性のある 細菌膜のことです。

これは、自然界のいたるところでみることができます。

たとえば、排水溝の ヌルヌルも バイオフィルムによるものです。

 

お口の中では、虫歯菌や、歯周病菌が集まって バイオフィルムを 作ります。

排水溝のヌルヌル、なかなかとれませんよね。

お口の中のバイオフィルムも、日々のブラッシングで完全に除去するのは、難しいのです。

このバイオフィルムを定期的に 歯科医院で除去する必要があります。

 

当院では、歯科衛生士が メンテナンスを担当し バイオフィルムを除去するようにしています。

バイオフィルムは毎日形成されますので、定期的な除去が必要になります。

歯周病の原因である バイオフィルムの除去で 歯周病を予防しましょう。

 

画像は天野先生の 歯周病絵本よりお借りしています

お酒を飲んで赤くなる人は お酒を飲むと 歯周病のリスクが高まります

熊本市中央区 ひかる歯科ちえこども歯科です。

お酒を飲んで 顔が赤くなるタイプですか?

それとも 顔色が変わらないタイプですか?

 

お酒を飲んで顔色が変わらないタイプの人は お酒を飲んでも 飲まなくても 歯周病の症状に 変化はありません。

しかしお酒を飲んで 赤くなる人は お酒を飲むと 歯周病の症状が進みます。

 

お酒を飲むと赤くなる方で、歯周病の症状を進めたくない方は、お酒は控えめにされたほうがいいんですね。

私もお酒を飲むと顔が赤くなるタイプなので、お酒は控えめにしたいと思います。

 

わたしたちは 歯をできるだけ残したい 歯科医院です

熊本市中央区のひかる歯科ちえこども歯科

院長の 甲斐田 光です。僕は、患者さんの歯を できるだけ 削ったり抜いたりすることなく 長持ちさせたい と 考えています。

そのために 大学卒業後、九州大学 第一保存科(歯周病科)という 歯を長持ちさせる治療をする科に所属しました。

長持ちさせるために どうすればいいのでしょうか・・・ まずは悪くしないこと なんです。

悪くなったら治療する、というのではなく、悪くならないようにケアをしていきましょう!ということを提唱しています。

結論としては 継続的に 関わらせていただくこと なんです。

患者さんのできる範囲で 歯のケアを気にかけていただき、定期的にケアをさせていただいて 虫歯も歯周病も 軽度なうちに 手を施せば

大きな問題(歯を削る、歯を抜く)ということにはなりません。

  • できるだけ 歯を残したい成人の方
  • お子さんを泣かせて治療をしたくない親御さん
  • メンテナンスをご希望の患者さん

ぜひ一度 当院に ご相談ください。

当院には メンテナンスの専門家である 歯科衛生士が多数在籍しています。

成人のメンテナンスには衛生士担当制も実施しておりますので、担当のご希望がありましたらお気軽に 受付まで。

歯周病の早期発見 早期治療 をお薦めします

熊本市中央区の ひかる歯科ちえこども歯科 です。

当院には メンテナンスの専門家である衛生士が 多数在籍しています。

当院の 衛生士のミッションとは、

歯肉が健康な若い時から メンテナンスを実施し、患者さんの人生を通して 歯周病を 予防していくことです。

問題ないから 歯科受診は後回し、となってしまいがちですが、悪くなってから 歯周病の完治はのぞめません。

まず、悪い状態にしないことがとても重要なのです。

かかりつけの歯科をみつけ、定期的なメンテナンスに通った人ほど

歯の数が残っています。

ぜひ定期的に受診して 歯の寿命を延ばしましょう。