お知らせ
採用情報
熊本県熊本市中央区の大人と子どもの診療室-ひかる歯科ちえこども歯科へのお問い合わせ電話番号
お知らせ
HOME >  親子で歯や歯ぐきが悪いです!遺伝ですか?

NEWS&BLOG 一覧

親子で歯や歯ぐきが悪いです!遺伝ですか?

親子は似た所がたくさんありますよね。似て嬉しい所もあれば、いやそこは似なくていいのにって所もありますよね😞。お父さん、お母さんでお子さんの悪い所はどっちに似たのかを言い争ったりしていませんか(笑)?うちもいい所は私に似てて、悪い所は副院長に似ているので困っています。でも、副院長はいい所は自分に似てて、悪い所は全部私のせいと言います。なんで、不思議不思議(笑)。では、虫歯や歯周病に関してはどうでしょうか。それぞれについてみていきましょう。

 

まずは虫歯と遺伝についてから。

 

〇虫歯と遺伝について💦

虫歯のなりやすさに関して、遺伝的な要素がまったく無いわけではありません。歯の硬さって人によってだいぶ違います。健康な歯を削って治療をしなければならないことがあるのですが、人によって削れ方が全然違うのです。すごく硬くて時間がかかる方もいれば、さくさく削れる方もいらっしゃいます。びっくりしますよ😲。また、虫歯のなりやすさでいえば、歯並びも問題になります。歯並びが悪い方の方が虫歯のリスクは高くなります。汚れが溜まりやすいですし、磨きにくくなりますからね。この2点については、遺伝的な要素があるといってもいいかもしれません。

 

しかし、虫歯はそもそも虫歯菌の感染によって起こる感染症です。虫歯菌が感染しなければ、どんな状況でも虫歯になりえません。親子で虫歯がいっぱいの場合、親から子へ同じ虫歯菌が感染していると考えられます。ですから感染をさせない、感染するにしてもできるだけ時期を遅らせることが大事です。特に1才6ヶ月頃から2才6ヶ月頃が最も感染しやすく、2才になる前に感染するのと、2才より後に感染するのでは将来大きな差がでます。実際にそれを裏付ける研究データがあります。

 

☆スウェーデン、イエテボリ大学の研究です。

2才前に虫歯菌に感染したこども → 4才時における虫歯の数 5.0

2才後に虫歯菌に感染したこども → 4才時における虫歯の数 0.3

 

おわかりでしょうか。2才を境に16倍近い差がでています😲。お子さんを虫歯にならないようにするには少なくとも2才までは感染しないよう気をくばる必要があります。ご家族みんなでお口の中を清潔に保ち、糖類は控えるか規則正しく摂取する、食器などは共有しないよう注意しましょう。親御さんに虫歯が多い場合は特に注意が必要です。

 

また、感染した場合もその後の生活が大きく影響します。ご家族ですと生活習慣はどうしても似てきますよね。間食が多くだらだら食べたり、いつも甘い飲み物を飲んでいたり、歯磨きが疎かだったり、歯医者さんに行く習慣が無かったり。こういった環境ですと、ご家族みんな虫歯に感染しやすく、また進行しやすくなってしまいます。当然お口の中も似てきますよね。

 

いかがだったでしょうか。虫歯については遺伝的な影響よりも、後の環境的な要因の方が大きいです。今日からでも、虫歯予防のためできることはたくさんあります。未来の自分、お子さん、お孫さん、そしてさらなる子孫のため虫歯予防始めてみませんか。

 

では次に歯周病と遺伝についてです。こっちの方が手強いですよ。

 

〇歯周病と遺伝について💦

 

歯周病のなりやすさにも遺伝は間接的ですが関わります。虫歯と同じで歯並びが悪い方は、汚れが溜まりやすく歯ブラシがしにくい分不利になるでしょう。また歯並びが良い方と、悪い方では支えることができる咬む力も変わってきます。これも歯並びが悪い方の方が不利になります😞。同じ咬む力がかかっていても、歯並びが悪い方の方が、歯を支える歯ぐきや骨へのダメージは大きくなります。咬む力は自分の体重と同じぐらいかかっているため、影響は小さくありません。さらに歯を支える骨の厚さや密度、からだの感染症に対する抵抗力なども関係します。こういったことは、遺伝的な影響があります。

 

ただやっぱり歯周病も感染症です。感染しなければ歯周病にはなりません。そのため対策は虫歯とほぼ同じになります。

 

しかし歯周病の場合、感染する時期が長いためより注意が必要です。虫歯は1才半~2才半ぐらいに大きな感染のピークがあり、感染する時期が2才を境目として、将来虫歯になる可能性が大きく変わりました。歯周病菌の感染は小学生から高校生、場合によっては成人になってからも起こります。従って本人、ご両親、おじいちゃん、おばあちゃんなど身近な方に加えてお友達やパートナーなどにも注意が必要です。お口の中がきれいな人と付き合うようこども頃から教えてあげてください(笑)。特にパートナー、夫婦でお口の中が似てきますよ。まあ誰から感染するにしても、感染する時期が遅い方がよいのは虫歯と同じとなります。

 

次に生活習慣、これも虫歯とおなじでとても大事になります。間食が多くだらだら食べたり、柔らかくて咬み応えのないものを好んで食べたり、歯磨きが疎かだったり、歯医者さんに行く習慣がなかったりすると、ご家族みんなが歯周病に感染しやすくなりますし進行しやすくなります。ちなみにタバコも要注意。吸っている本人だけでなく、周りにも影響があります。

 

ただ、何と言っても大事なのは歯磨きに対する意識でしょう。歯磨きも自分で行うようになりますから、幼少期からの動機付けが大事です。歯磨きをしっかりする習慣をつけること、定期的な検診を受ける習慣をつけていきましょう。まあ、反抗期もあって難しいですがね。

 

実は中学生や高校生になると、小学生の時と比べて受診率が下がります。仕上げ磨きもさせてくれなくなりますし、親御さんもお子さんのお口の中の状態の把握はできなくなります。お子さんの成長は喜ばしいことですが、歯周病まで成長させないようしたいですね😊。

 

ちなみにこの歯周病、2001年にギネスブックに登録されています。ギネスブックに実際に記載されている文章を抜き出すと、『全世界で最も蔓延している病気は歯周病である。地球上を見渡してもこの病気に冒されていない人間は数えるほどしかいない。』となっています。感染を完全に防ぐのは難しいか😞。ただ、感染する時期を遅らせたり、お口の中に占める歯周病菌の割合を低くしたり、歯周病の進行を抑えることはできます。がんばりましょう。

 

いかがでしょうか。歯周病も遺伝的な影響がないわけではありませんが、後の環境的な要因の方が大きいです。ご自身やご家族、お友達やパートナーも含めて歯周病対策をしていきましょう。さあ、みんなで歯医者さんに相談だ!

 

歯を失う原因において虫歯は29.2%、歯周病が37.1%を占めます。破折が17.8%を占めていますが、これは虫歯などで残っている歯が少なくなったことに起因することがほとんどです。そう考えると歯を失う原因の8割以上は虫歯と歯周病で占められます。(その他は矯正のための抜歯や埋伏歯などの抜歯となります。)虫歯と歯周病、この2つを防ぐことは将来、お口の中で不自由しないためにとても大切になります。

 

虫歯菌、歯周病菌とも生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にはいません。虫歯や歯周病にかかっている方は、どこかで感染してしまっているんです。目にみえる相手ではないので、正直完全に防ぐのは難しい😞。あまり気にし過ぎるのも考えものですが、できることから取り入れていただければと思います。みんなでやっていけば、将来、子々孫々と虫歯や歯周病の感染を減らすことができるはず。自分のためはもちろんですが、それが未来の人達へと繋がります。さあ、今からできることをやっていきましょう。

飲酒 と 歯について

皆さん、お酒は好きですか?私は晩酌はしませんが、飲み会の時は飲みます。以前はビールからの焼酎でしたが、最近はウイスキーが好きですね。ただ、20代の頃よりだいぶ弱くなった😞。悲しい・・・・・

さてお酒は歯や歯ぐきにとって悪いのでしょうか?それぞれについてみていきましょう。

 

☆お酒と歯💧

お酒と虫歯に直接の関係はあまりありません。しかし歯に悪い影響がないかといえば、あるとなります。

まず、お酒自体の問題ですが酸性のものがほとんどです。酸は歯にとって大敵、溶けてしまいます。頻繁に酸性のものを食べたり飲んだり、嘔吐を繰り返す方などにみられる酸蝕症という疾患があります。一度、『酸蝕症 写真』などで検索してみてください。でてくる写真などのようにひどくはなくても、影響がまったくないとはいえません。

 

そして、もう1つの問題はだらだら食べたり飲んだりすることです。お酒の飲み始めると、1杯飲んで終わることはまずありませんよね。飲んではつまんで時間をかけて味わうと思います。飲み会になると1次会、2次会、3次会となる方もいるでしょうし、シメまであったりしますよね。お口の中の環境は食事の後に酸性に傾きやすくなるのですが、唾液などの作用でもとの状態に戻ります。しかしだらだら食べたり飲んだりしているとこの作用が働かず、ずっとお口の中が酸性の状態になってしまうんです。これも歯が悪くなる原因となります。

 

さらにお酒を飲んだ後、歯磨きはどうしてますか?しなかったりしてませんか?したとしても、いつもより簡単にすませていませんか?私も、「もういいかな」となってしまう時があります。これもよくありません。

 

☆お酒と歯ぐき💧

お酒と歯周病についても直接の関係はあまりありません。しかし悪い影響はやっぱりあります。

まずは先ほどと同じですが、歯磨きが疎かになってしまうこと。気をつけましょう。私もですが、、、、、

 

そしてもう1つはお酒の持つ血管拡張作用から。歯周病が重度の方は、歯ぐきが腫れたり痛んだりしやすくなります。特に抜歯など外科的な処置を行った後は要注意!腫れが強くなったり、痛みが出やすくなったり、出血しやすくなったりといいことがありません。

 

時々聞くのがアルコール殺菌をしているのでいくら飲んでも大丈夫というものです。たぶん冗談で言っているだけだと思うのですが、これは間違いです。まずアルコールで殺菌作用を持たせるためには高濃度である必要があります。70%ぐらいで1番殺菌作用が強くなるのですが、こんな高濃度のアルコールを飲むと粘膜を直接傷めてしまいます。また、細菌の塊である歯垢(プラーク)はバリアに守られています。アルコールもこの中にまでなかなか浸透できないのです。

とはいってもお酒は楽しいもの。なんでもそうですが、節度をもって楽しむ、これが1番大事かもしれませんね。歯磨きをしっかりできるぐらいの、余力は残して飲みましょう。

タバコと お口の健康・・・タバコって悪いの?

タバコって悪いの?

今回はタバコがお口の健康に与える影響についてです。

まあ言わずもがな、、、はっきり言って悪い影響しかない。全身的にもいい影響は皆無ですが、お口の中もしかりです。強いて言えばストレス発散の効果があること、そして税収に貢献していることぐらいでしょうか。まあ、それはそれで大事ですけどね。

一般の方からみると目にみえる変化は、ヤニがついて見た目が悪くなることぐらいかもしれません。しかし私達歯科医師からみると喫煙者と非喫煙者のお口の中の状態はまったく違います。

さてお口の中でどんな悪さをするかみてみましょう。

★歯周病に「かかりやすい💧」、「気がつきにくい💧」、「治りにくい💧」。歯の喪失が10年早まるといわれています。

・「かかりやすい」

タバコに含まれる有害物質によって免疫機能が妨げられます。喫煙者は非喫煙者に比べて歯周病罹患率が2.7倍高く、重度に進行した人の割合も高いことが知られています。

「気がつきにくい

タバコに含まれるニコチンなどの有害物質により、血管が収縮、腫れや出血がなどの自覚症状が出にくくなります。見た目より歯周病の状態が悪いことが多く、こちらがびっくりすることもあります。

・「治りにくい」

いざ治療を始めても、喫煙者の歯ぐきや歯石は固くて治療が大変です。また前述した血流の悪さから治りも悪く、治療効果が思うようにあがりません( ノД`)シクシク…。

 

味覚が鈍くなる。食べる楽しみがなくなりますよ。

★口臭の悪化。自分ではわからないんですよね。

★口腔・咽頭癌の発生率が3倍。

★お子さんの虫歯発生率や治療後にも影響するとの報告あり。

やめた方がいいタバコですが、これがなかなか難しい。禁煙外来などもありますが続かないことも多いようです。最近は電子タバコや加熱式タバコなど有害物質を減らしてくれるものも販売されています。少しでも害を減らすとういう意味ではいいかもしれませんね。

 

でも最後はやはりやめたいというモチベーションです。やめるためのモチベーションは何でもいいと思います、お子さんのこと、お孫さんのことを考えてでもいいでしょう。それこそタバコが高くなったから、風当たりが強くなったからでもいいと思います。タバコをやめた後の自分を妄想してもいいかもですね。

 

健康になって色々なことにチャレンジ、かっこよくなってもてまくる、きれいになってもてまくる、好きな人にいい匂いだねっていわれる、お金があまってあまって億万長者になる・・・かずみんスタイルですね。(かずみんって何?と思った方はお手数ですが「かずみん」で検索ください。)

 

私もタバコは大学生になってやめました。(おかしいことを言っているのは自分でも重々承知しております。つっこみは無しでお願いします(笑))まあもちろん重度のヘビースモーカではなかったのですが、かっこつけたいお年頃だったのでしょうね。

禁煙は是非考えてみてください。お口の中のことがやめたいというモチベーションの1つになっていただければ嬉しい限りです。

 

転ばぬ先のお口の中!

今回はお口の中と転倒との関係についてです。

転倒は高齢者の3人に1人に起こり、そのうち約6%は骨折、約24%は重度の受傷に至ると報告されています。転倒は要介護になる、また介護状態を悪化させる原因として大きな割合を占めています。転倒には様々原因や対策がありますが、お口の中との関係についてしらべた研究・調査をみてみましょう。

☆歯の数が19本以下で入れ歯を使用していない方の転倒リスクは、歯の数 

 が20本以上の方の2.5倍であった。

☆入れ歯を使うことで上記の転倒リスクを半分に減らせる。

                      (調査対象65才以上の方。)

☆ある時点より0本から14本歯を失った方を基準として、大腿骨頸部骨折のリスクが、、、(大腿骨頸部骨折は起こるとほぼ歩けなくなります。手術や長期のリハビリが必要となり、要介護になる可能性が非常に高い骨折です。)

15本から27本歯を失った方で  4.1倍

すべて失った場合で        4.5倍     に増加した。

☆上記の結果から歯を1本失うごとに大腿骨頸部骨折のリスクが1.06倍に高まることがわかった。

(調査対象50才以上の方。)

などなど他にもたくさんの報告があります。

ではなぜこのようなことが起こるのか?考えられる経路をみてみましょう。

★虫歯や歯周病

歯の喪失、入れ歯の未使用(咬まない、咬めない。)

お口の周りの筋肉の機能低下、顎位の不安定

頭部の平衡性の低下、バランス機能の低下

転 倒

★虫歯や歯周病

歯の喪失、入れ歯の未使用

咬むところが無い

踏ん張りがきかない

転 倒

みなさん踏ん張る時はみなさん咬み締めますよね。咬み締められないと踏ん張りがきかないんです。これはスポーツ選手が歯並びを治療したり、スポーツ用のマウスピースをすることからもわかるのではないかと思います。咬まない、咬めないことによるバランス機能の低下、そしていざという時に咬む所がないため踏ん張りがきかない、、、。これが転倒に至る原因になっているんです。

 

実はこの話、高齢者だけの話ではありません。お子さんでも同じです。転倒などで受診されるお子さんは多いのですが、歯並びが悪かったり、顎が細い(普段よく咬んでないので顎やお口のまわりの筋肉が発達していない。)子がほとんどです。お口ぽかんのお子さんも多いですね。特に何度も転倒で受診されるお子さんでは、その傾向が顕著です。

 

そう考えると転倒、それに続く要介護を予防するための対策はこどもの時から始まっているといえるかもしれません。虫歯や歯周病予防はもちろん、歯並びを含めてしっかり咬めるようにしておく。今からでもできることはたくさんあります。さあ、歯医者さんへ相談だ。

4月4日(火曜日)が休診日となり 4月5日(水曜日)は診療いたします

こんにちは。

院内清掃のため、4月4日火曜日に休診します。

代わりに4月5日水曜日は診療いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

ドライマウス(口腔乾燥)って何?

今回はドライマウス(口腔乾燥)についてです。

症状としては、

  • 唾液の分泌量の減少(口がやたらと乾く。飲み込みにくい。)
  • 唾液の粘性の亢進(お口の中がねばねばする。飲み込みにくい)
  • 歯や粘膜の保湿度の低下(お口の中がヒリヒリする。入れ歯で痛みがでやすい。虫歯や歯周病が進行しやすい。)

(重度のドライマウスですとびっくりするほど虫歯の進行が速いです。治療が追い付きません💦。

などがあります。

一般に高齢者に多いため、加齢による症状として認識されてきました。実際ドライマウスを常時自覚している高齢者は27.6%に上っています。しかしドライマウスの原因は多岐にわたっており、原因に応じた対応が必要になります。

☆原因① 加齢?

最近は、加齢だけで唾液分泌低下はほとんど起こらないとする報告も多いです。歯を失うなどして、あまり咬まなくなった、しゃべらなくなることによる、お口の周り全体の機能低下に伴うものともいわれています。

☆原因② ストレス

ストレスが多いとねばねばした唾液ばかりでてきます。

☆原因③ 薬剤

特に高齢者で多く、代表的な薬剤は降圧剤や安定剤、睡眠剤などです。服用し始めてすぐに症状が出る時もあります。この場合診断は容易です。しかし長期に服用することで徐々に症状が強くなっていく場合もあります。

☆原因④ 全身疾患

シェーグレン症候群、糖尿病、鉄欠乏性貧血、脱水などです。

☆原因⑤ 唾液腺への外科手術や放射線治療

☆原因⑥ 口呼吸 

唾液量などが正常でもお口の中が乾燥しやすくなります。鼻が悪い場合は

耳鼻科の受診も要検討です。

それでは次に対応法をみていきましょう。

◎対応法①

お口の中や周りをしっかり動かして、機能低下を防ぎましょう。毎日の努力が大事です。

・食事はゆっくりよく咬んで食べましょう。ガムもいいですね。

・唾液がでやすい食べ物を積極的に食べましょう。梅干し、レモン、酢の物なんかがいいですね。私は梅干し苦手なんですよね、、、💧。

・唾液腺マッサージ。耳の前や顎の下をマッサージしましょう。やりかたはインターネットで検索してみてくださいね。

・口腔機能訓練。むずかしく書きましたが舌や唇、頬などの体操です。有名なものはあいうべ体操でしょうか。いろいろな体操がありますので、こちらもググってみてくださいね。鼻が悪くない口呼吸にも効果がありますよ。

◎対応法②

水分補給、保湿剤の使用

・軽度のドライマウスでは水分をしっかりするだけで改善することも多いです。

・保湿剤は大きく2種類です。粘膜の保湿を行う液体状の保湿剤(スプレー状が多いですね。)、粘膜からの蒸散を防止するゲル状の保湿剤です。症状にあわせて使い分けます。

◎対応法③

ストレスフリーな生活を、、、難しいですね。とりあえずスマホを投げ捨てますか。

◎対応法④

薬剤の中止・減量・変更。原因全身疾患の治療。

◎対応法⑤

唾液の分泌を促進する薬剤があり極めて有効なのですが、シェーグレン症候群や放射線治療を患者さんにしか保険適応がありません。

人によっては漢方薬が有効な場合もあります。

ドライマウスは重度になると日常生活にかなりの支障をきたします。防ぐには対応法①、機能低下を防ぐことが一番大事です。お口の周りの機能低下を防ぐことは、他の疾患を防ぐことにも繋がります。是非、毎日取り入れて歯医者さん知らずの生活を目指しましょう。

こどもの外傷を予防しよう!

さて今回はこどもの外傷の予防法についてです。

もちろんゼロにはできないのですが、外傷の起こりやすい時期を知っていただくこと、また前もって対策することで被害を最小限に防ぐことができます。外傷は不幸な事故ととらえがちですか、そうではなく、病気の1つと考えることも大切になります。

まずは外傷が起こりやすい時期と受傷原因です。

年齢としてはまず1才~3才頃。歩けるようになり動きはどんどん活発になります。さらに幼稚園・保育園にも行き始める時期です。かわいいさかりですよね。受傷原因としては転倒が多く、特に屋内、家庭内での受傷が多くなります。この時期が第1のピークです。

第2のピークは7才~9才ごろ。小学校にあがり生活の自由度、行動範囲がどんどん広がっていく時期です💧。だんだん目が届かなくなりますね💦。受傷原因としては転倒も多いですが、物や友達との衝突も多くなります。屋内よりも屋外での受傷が多くなり、特に学校での受傷が半数を占めます。

季節としては入園や入学、進級し生活環境の変化がある4月~5月、そして夏休み明けの9月~10月に多いです。また性差ですが、これは男の子が女の子より多くなります。特に7才~9才、第2のピークではその傾向が顕著です。やっぱりやんちゃなんですかね。

第2のピークを過ぎると外傷は少なくなります。

次にこどもの外傷予防のためにできることについてです。

☆生活環境への配慮

・部屋をきれいにすっきりと!電気コードや小物、洗濯物、すべりやすい紙などに注意!

・テーブルや階段の角にカバーをつける!

・段差を少なくする!

・部屋を明るくする!

☆こども目線で安全をチェック

・大人が這って、こどもと同じ目線でチェック!立っていると意外に気がつきません!

☆こどもに危険な状況やその対応を理解してもらう

・車通りの多い所や高い場所に注意すること、歯ブラシをくわえて歩かないなど、こども成長にあわせて危険な状況と対応を理解させる!

☆しっかり運動し、体幹を鍛える。普段の姿勢も大事。いざというときはまず頭

部を守る(手を出す。)ことを教える

・1度だけでなく何度も外傷を起こしてくるこどもが結構います!そういったこどもは体幹が弱く、姿勢が悪いこどもが多いです!また、いざという時に、手がでないようです!

最後に万が一受傷してしまったらです、、、😞

★まずは意識がはっきりしているかどうかです。特に頭部を受傷した時。意識に

問題があればまず救急車、もしくは救急外来です。

★意識がはっきりしていれば体全体をチェックしてください。優先度の高い部位(例えば目。)や怪我(怪我の大きさや深さ。)からの対応が基本となりますので、それに対応した診療科への受診を行います。

★お口の中をみて欠けている歯がないか、抜けてしまった歯がないかをチェックします。歯以外の唇や舌などに損傷がないかもチェックしてください。

★欠けたり抜けている歯があれば、落ち着いて欠片や歯を探す。歯牙保存液や牛乳に入れて保存します。

★速やかに歯科医院を受診しましょう。

いかがでしたでしょうか。外傷は受傷しやすい時期を知っていただくこと、事前に準備することで防げるものもあります。また、いざというときの対応を知っておくことも大事な予防です。大事なお子さんが安心安全に過ごせるよう、また受診することが無いことをお祈りいたしております。

妊娠すると歯が悪くなる?カルシウム減っちゃうから?

今日は昔からいわれている伝承についてです。昔からの伝承は大事ですよね。参考にすることがたくさんあります。
妊娠すると歯が悪くなるといわれていますよね!お腹にいる赤ちゃんを育てるためカルシウムがたくさん必要、歯のカルシウムが吸収し、歯が弱くなる、聞いたことあるんじゃないかと思います。1人目、2人目、3人目と産むにつれて悪くなっていくなんて話も聞きますよね。さて、この伝承本当なのでしょうか?

結論からいうと、歯からカルシウムが吸収され、おなかの赤ちゃんのために使われることはありません。従って妊娠するだけで歯が弱くなるのは誤りです!私たちの細胞は、常に古い細胞が壊され、新しい細胞に置き換わっています。骨にもこのサイクルがあり、これをリモデリングと呼んでいます。しかし歯にはこういったサイクルがないんです。つまり歯は一度作られると、吸収されませんし、新しくなることもありません(内側から若干添加されたり、病的な吸収はあります。)。歯のカルシウムを別のことに利用することは、そもそもできないんです!

しかし、妊娠中に歯や歯ぐきが悪くなりやすいのは事実です。何故なんでしょうか。原因をみてみましょう、、、、、

☆お口のケアがしにくくなります
つわりなどのため、お口の中のケアが難しくなります。歯ブラシを口の中にいれるのもつらくなりますからね。虫歯、歯周病とも進みやすくなります。

☆お口の中の環境が悪くなりやすいです
つわりやお腹が圧迫されることで、食事をちょこっとずつ数回に分けて食べることが多くなります。結果的にお口のばい菌にしょっちゅうエサを与えることになってしまうんです。さらに唾液による、お口の中の洗浄、中和作用も薄まってしまいます。虫歯、歯周病とも注意が必要な環境になってしまいます。
また、酸っぱいものが好きになることも多いですよね。嘔吐などがあるとなおさらですが、お口の中が酸性になりやすくなってしまいます。酸は歯にとって天敵、歯の表面が溶けてしまいます。ひどくなると酸蝕症と呼ばれています。

☆歯ぐきが悪くなりやすくなります
妊娠すると増える女性ホルモンが大好きな歯周病菌がいます。歯周病になりやすい、悪化しやすい状態になります。
妊娠すると歯が悪くなるという伝承、正しいところもあれば間違っているところもあります。しかし、重要なのは歯や歯ぐきが悪くなりやすいのは事実であるということ!これに対しては対策もあります。困ったことがあればなんでもご相談ください😊。

歯科医師国家試験合格発表!

入試シーズン、みなさんはもう終わりましたか?受験者本人はもちろん、ご家族の方も心配ですよね。私も娘が高校受験でしたのでやきもきしていましたが、何とか合格してくれました。とりあえず一安心。まあ、まだ続くんですけどね( ノД`)シクシク…。

さて、この時期になると私達歯医者さんに嫌でも耳に入ってくるのが、歯科医師国家試験合格発表です。毎年2月に試験が行われ、3月に合格発表となっており、合格発表では大学別、新卒、既卒ごとに受験者数、合格者数、合格率まで発表されます。すでに合格しており、そんなに興味も無い(笑)ため、試験日や合格発表日も調べませんし、知りません。しかし、毎年ですが、合格発表日当日、遅くとも次の日には不思議と情報が入ってきます。そんな感じなのですが、母校の合格率はちょっと気になったりします。

歯科医師国家試験は近年難度が上がっています。通常医療系の国家試験はある一定レベル(基準点)に到達していれば合格という選抜試験がほとんどで、合格率も割と高めです。例えば医師国家試験や看護師国家試験は90%程度の合格率、歯科衛生士国家試験や歯科技工士国家試験は95%程度の合格率で推移しています。普通にやっていればまず落ちません。昔は歯科医師国家試験も合格率90%前後だったようです。

しかし最近の歯科医師国家試験は、合格率60~65%で推移しています。合格者数が毎年2000人前後で固定化しており、選抜試験というよりは競争試験となっています。私の時の合格率が83.3%でしたので、この20年程でだいぶ下がっていますね。もし、今受けたら、、、、、いや、受かる受かる、きっと大丈夫。それでは気を取り直して、私の母校の合格率をみてみましょう(笑)。

九州大学歯学部     62.7%

全     体     63.5%

うーん どうした。疲れてるのかな?

ちなみに合格率ナンバーワンは東京歯科大学の92.7%です。東京歯科大学は毎年合格率が高いんですよ。きっちり対策してるんだと思います。大したものです。ちなみに合格率最低は40パーセントを切っています。6年通ってこれはちょっときつい、、、、、。

歯医者さんになるためには、この歯科医師国家試験に必ず受からないといけません!総合大学の歯学部もあれば、歯科のみの単科大学もありますが、どちらも歯医者さんになるための専門学校といって差し支えありません。もし、歯医者さんを目指す方がいらっしゃったら、この大学別の合格率も参考にしてくださいね。結構差がありますよ。

汚いなんて言わせない!唾液の話!②

さて①の続きです!。

歯が溶けるのを防ぎ、歯を再石灰化させる作用があります。

唾液中には歯の構成成分であるカルシウムやリンが豊富に含まれています。歯の表面が細菌の産生した酸や、食物に含まれる酸(酢や炭酸飲料など)で溶けることを虫歯や酸蝕と呼んでいますが、唾液に含まれるカルシウムやリンの濃度が高いとこれを初期段階で防ぐことができるんです。歯のカルシウムやリンが溶けて外に出ようとしても、外側の唾液にカルシウムやリンが多い状態だと出るに出れない、満員電車のドアが開いてホームに人が出ようとするのですが、ホームにも人が溢れていて出られないというイメージです。日々、酸に脅かされる歯が溶けずにいられるのは唾液のおかげです。

もちろん、酸により歯のカルシウムやリンが溶けだしてしまうこともあります。しかし、周りの環境が①で前述した、水分による希釈や緩衝能などで中性に戻ると、唾液中のカルシウムやリンが溶けた歯に戻っていきます。これを「再石灰化」と呼んでいます。チョコレートケーキを想像してください。チョコレートケーキからチョコレートだけ溶けて無くなったとします。しかしスポンジ部分は残っていますね。これにもう一度チョコレートをかければどうなるか?チョコレートケーキに戻ります。イメージとしてはこんな感じでしょうか。

ではスポンジケーキまで無くなったらどうでしょう。この場合、足場であるスポンジも無くなっているため、チョコレートを欠けても元の形には戻りません。これを「う窩」と呼んでおり、治療が必要な状態です。唾液が無ければ、すぐにこの状態になってしまうでしょう。

〇歯の保護作用があります。

歯の表面は「ペリクル」と呼ばれる酸から守ってくれる保護膜で覆われています。これは唾液に含まれるムチンや高プロリン糖たんぱく質によるものです。このペリクル、除去してもすぐ再生がはじまります。

粘膜の保護作用あります。

唾液に含まれるムチンなどの働きで、粘膜を保護してくれています。細菌やウイルスの侵入を防ぐとともに、様々な刺激から粘膜を守ってくれています。この作用は食道まで及んでいます。

〇潤滑作用があります。

さきほどから3度目の登場、ムチンをはじめとする物質の働きによります。食物の飲み込みやすくするほか、発声を滑らかにしてくれています。

〇細胞を活性化する作用があります。

様々な細胞を活性化せる物質を含みます。ちょっと難しくなりますが、線維芽細胞増殖因子(FGF)、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)、上皮成長因子(EGF)、神経成長因子(NGF)などです。

〇全身の健康状態がわかる。

唾液には多くの生体情報が含まれています。唾液の成分を解析することで、様々な疾患や感染症に罹患しているかどうかがわかるようになってきました。血液に比べて容易に検査ができるメリットもあり、今後さらに発展していくと思われます。

さて、唾液のすごさわかっていただけたでしょうか。簡単にまとめても結構な量になってしまいましたね💦。お口の機能のすべてを支

え、結果として全身の健康を支える唾液、減ったら本当に大変なんです。もう、汚いなんて言ったら駄目ですよ!もはや聖水です!明日か

ら気持ちを入れ替えて日々あがめましょう、、、、、、、でも他人のはですねー(笑)。