お知らせ
採用情報
熊本県熊本市中央区の大人と子どもの診療室-ひかる歯科ちえこども歯科へのお問い合わせ電話番号
お知らせ
HOME >  歯を失う原因の第一位は 歯周病

NEWS&BLOG 一覧

歯を失う原因の第一位は 歯周病

 

こんばんは。

熊本市中央区国府の ひかる歯科ちえこども歯科の 甲斐田です。

 

歯を失う原因の第一位は 意外かもしれませんが、 虫歯ではなく歯周病です。

 

子供の頃から 虫歯、30代以降 歯周病、それから 噛みしめによる咬合力

 

この3つで歯を失っていきます。

歯を失いはじめるのは40代後半からです。

 

歯周病は 沈黙の疾患といわれ、無症状で進んでいきますので

40代後半に 歯周病で 歯を失うことになってしまうときには

晴天の霹靂 的なこともあります。

 

歯周病菌は 磨き残しや歯石があると

進行しやすい状況です。

 

定期的なプロのクリーニングで

歯周病を予防しましょう。

日食

熊本市中央区国府の 家族で通える歯科医院 ひかる歯科ちえこども歯科の 甲斐田です。

 

今日の夕方、17時頃、日食がありました。

歯科医院の付近でも

三日月みたいな太陽がみえましたが、

皆さんも ご覧になりましたか?

三日月状でこの画像に近いような形でみえました

 

院長が 今 部分日食みえたよ

と教えてくれたので

家族で見ました!

 

みえると ちょっと嬉しいですね。

 

うわぐつ

こんばんは。

熊本市中央区国府の 家族で通える歯科医院 ひかる歯科ちえこども歯科の 甲斐田です。

 

さっき 後はアイロンがけして寝るだけ、と思っていたら

ふと

上靴洗ってないんじゃないの?!

ということに気づいて

上靴を洗ってきました。

 

こどもたちに

もう自分で洗ったらどうなんでしょうか?

と思わないでもないんですが、

こういうことをしてあげられるのもあと何年かで

すぐに親の手助けもいらなくなる年になるのだ

と思うと

上靴を洗ってあげられるのも今だけ

という気がして

洗ってます。

 

よくお母さん達に

働いているのに家事もして育児もして大変でしょう と

言っていただくのですが

 

こどもが今の年齢になってしまうと

働いているから大変ということも案外ありません。

 

専業主婦のお母さんも

子供が小さいときは

自分の時間を作れない日もあったりして

大変な部分が沢山あると思います

 

その分、子育てでしっかり手をかけてあげられる

幸せがあるんですよね。

私の母も専業主婦で育ててくれて

とても良かったです。

 

以前九大の小児歯科にいたときに、

子育て中の先輩に

「自分たちは仕事をしていて全部に手をかけてあげることはできない。

その分 地域の人や保育園の先生や沢山の人のお世話になって育ててもらっている。

自分1人では与えられない経験を

周りの沢山の人に与えてもらって

育ててもらってるって思ってるよ。」

といわれたことがあり

本当に

こどもたちを取り巻く周りの方々に

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

お世話になっている分、

お仕事で

社会にお返ししていけたらなと

思っています。

 

 

5才で8割 4才で5割 3才で2割

 

 

こんばんは。

熊本市中央区国府の 家族で通える歯科医院 ひかる歯科ちえこども歯科 の 甲斐田です。

 

タイトルの数字は 何だと思いますか?

これは、虫歯の治療が上手にできるお子さんの 割合です。

 

3歳だと2割のお子さんが上手に治療を受けられます。

治療というのは、歯を削って詰めて、という 治療です。

 

3歳では2割ですが、5歳だと8割のお子さんが 上手に虫歯の治療ができます。

 

ですので、3歳で 虫歯の治療が上手にできなくても、そういうものなんだと思って、

お子さんの成長を見守ってもらえればと思います。

 

3歳で虫歯を削らないといけない状況になるまえに、

一度 あやしいんじゃ?虫歯なんじゃ? と あれ? と思ったときに

ぜひご相談いただけると 3歳で 削って詰めた方がいいような虫歯にはならなくて

すむことが多いです。

 

あれ?と思ったら ぜひ早めにご相談ください。

 

歯を長持ちさせる 5か条

こんばんは。

熊本市中央区国府の 家族で通える歯科医院 ひかる歯科ちえこども歯科の甲斐田です。

 

・正しいセルフケア

・歯並びは早期に整える

・定期的なメンテナンス

・小さな違和感を見逃さない

・ちゃんと説明してくれる歯医者を選ぶ

 

これ、myデンティスト@癒える力 さんが ツイッターでつぶやいていた 5か条です。

治療を早く終わらせる 5か条 ということでつぶやかれてたんですけど、

これ、歯を長持ちさせる5か条でもあるなーと思います。

 

この方、歯医者さんだと思うんですけど、

的確な言葉で 歯の大切さを呟かれているので

沢山の人が この方の ツイッターをみて、

本当の歯の大切さが 伝わるといいな と

思います。

 

ツイッターのブログでの正しい引用の仕方がよくわからないため

こんな形で失礼します。

郵便物

こんばんは。

ひかる歯科ちえこども歯科の甲斐田です。

 

現在 患者さんに自分の歯の状況をわかりやすくお伝えするには

どうじたらよいか

歯周病予防の大切さをお伝えするにはどうしたらよいか

ということに取り組んでいます。

 

リコール葉書のデザインも変えてみたのですが

いかがでしたでしょうか?

 

 

成人で定期検診の時期のかたには

郵便物が届いた方もいらっしゃるかと思います。

 

内容でわかりにくいことがありましたら

なんでもお問い合わせください。

 

 

 

バイオペースト

こんにちは。

熊本市中央区国府の 家族で通える歯科医院  ひかる歯科ちえこども歯科の 甲斐田 です。

 

現在 一押しの 歯磨き粉は バイオペーストです。

バイオペーストとの出会いは、昨年11月 小児歯科学会で

バイオペーストの会社の方が 現品を 配布されていたことです。

 

そのときはなんとなく頂いて帰りました。

すぐには使用していなかったんですけど、

そういえば いただいた歯磨き粉があったなと

と思って使ってみたところ

すっごく良いのです!

 

全ての材料が天然成分でできているんですが、

磨き上がりが ものすごくスッキリします。

歯周病菌に効果があるようです。

 

他の効果としては

口臭や知覚過敏にも効果的です。

 

購入してスタッフにも配布したのですが、

評判が良いです。

 

営業さんのお話では

近くの小児歯科さんもバイオペーストを

採用されたとのこと

 

きっと 小児歯科学会でいただいて

良いと思われたんだなー と思いました。

 

バイオペースト

だまされたと思って

一度試してみてください。

 

 

 

歯科医師の陽性率0.7%

 

新型コロナウィルスの抗体検査

少し前に ソフトバンクの孫さんが4万人を対象に行った抗体検査で

 

歯科医師の陽性率は0.7%だったそうです。

元記事はコチラ

(抗体をもっているということは、一度かかったことがある、

と考えられます)

 

この検査、孫さんのツィッターで告知があったそうで

知り合いも 申し込んで受けたといっていました。

孫さん凄いですね。

こうして 沢山の人のデータが集まることに意味がありますもんね。

 

 

歯科医の陽性率0.7% は、医科の受付さん、お医者さん、看護師さんに比べて低い値で

歯科医療従事者は 感染リスクが高いといわれていたため

意外に受け止められているそうです。

 

医療従事者の中で陽性率が高かった職種順に、

・    受付・事務など: 2.0%(1,329名中、27名)
・    医師:        1.9%(695名中、13名)
・    看護師など:   1.7%(1,218名中、21名)
・    歯科助手:    0.9%(336名中、3名)
・    歯科医師:    0.7%(402名中、3名)

 

ということでした。

歯科助手って歯科助手だけのデータなのか

資格のある歯科衛生士も含めてるのか

という疑問がわいたのですが、

まあそれはおいといて

 

 

ひとつのデータでは断定できませんが、

歯科のコロナウィルス感染予防は

リスクの高さに反して

うまくいっている可能性がある

と思えました。

 

沢山の人が抗体をもっていないということは

まだまだ日本は集団免疫を獲得していない、ということにもなってしまうとは

思いますが

 

今後もしっかり感染予防していきたいと思います。

 

歯周病の怖さ

こんばんは。

熊本市中央区国府の ひかる歯科ちえこども歯科の 甲斐田です。

 

歯周病って怖いんですよね。

何が怖いかって 歯は無傷でも

歯の周りの歯ぐきや、骨が減ってしまい、

歯が抜けてしまう OR 歯を抜かなきゃいけなくなってしまう からです。

 

それに

すこしづつ 痛みがあれば

前触れもわかるんですけど

全く痛みもなく 気づかないうちに

どんどん進んでいたりするんです。

 

そういうふうにならないためには

おうちでの歯磨き、フロスと 歯科での定期的なクリーニングが

効果的です。

 

あまり歯科医院に行ったことがないという方も

30代以上の方でしたら、

半年~1年に一度は歯科医院を受診してみましょう!

外傷での受診が増えています

こんばんは。

熊本市中央区国府の ひかる歯科ちえこども歯科の 甲斐田です。

 

最近 前歯の外傷のお子さんが増えています。

最近のような 曇った ちょっと肌寒い 日は手足が かじかむのか、

外傷のお子さんが増える傾向にあります。

 

今日も2歳のお子さんの前歯を固定しました。

 

最近 多いときは1日2-3人、外傷で受診されます。

すぐに処置すれば問題が小さく済むこともあります。

 

歯を打った場合も、お口の中を切った場合も、まずはぜひ一度みせてください。