お知らせ
採用情報
熊本県熊本市中央区の大人と子どもの診療室-ひかる歯科ちえこども歯科へのお問い合わせ電話番号
お知らせ
HOME >  歯を抜いた後の症状は?①

よくある質問 一覧

歯を抜いた後の症状は?①

歯を抜いた後はどんな症状がでるのでしょうか?虫歯や歯周病がひどくなって抜く時もあれば、変な方向にでてきた親知らずを抜くこともあります😞。こどもの歯の生え変わりで抜くときもありますし😊、矯正治療などで何も悪くないきれいな歯を抜くこともありますね(ノД`)・゜・。いずれにしても心配ですよね。
 よく質問される内容でもありますので、今回は歯を抜いた後にでやすい症状をみていきたいと思います。それでは開始です!!!

○痛み💧。
 1番心配なのはこれですよね。多かれ少なかれ出ると思っていただいていた方がいいでしょう。でも、そんなに心配しなくても大体は大丈夫❤。多いパターンとしては、「その日は少し痛んだので痛み止めを飲んだけど、次の日からはまったく大丈夫でした。」、もしくは、「出された痛み止めで十分でした。」というものが多いです。これは、難度の高い親知らずを抜いたときも同様です。世間で想像されているような、痛みがでることはほとんどありません。しかし、本当に極まれにですが、痛み止めを飲んでも完全に引かないぐらい強く痛んだり、1週間から10日ほど痛みが続くときもあります🥶。痛み止めで踏ん張ってもらうしか方法がなく、本当に申し訳ない(m´・ω・`)m ゴメン…。

○腫れ💧。
 2番目は腫れですね。特に人前にでる仕事の方は気にされることが多いです。ただ、こちらもそんなに心配しなくても大丈夫なことが多いです。みなさんが想像するような、顔貌が左右非対称になるほどの腫れがでることはまずありません。あっても、「少し腫れぼったいなー。」程度ですすむことがほとんどです。ただ、こちらも腫れるときは腫れます🥶。腫れると引くまで待つしか方法がなく、本当に申し訳ない(m´・ω・`)m ゴメン…。
 痛みと腫れ、どちらも日常生活に支障がでるような症状がでることはほとんどないのですが、こればっかりはやってみないとわからない所もあります😞。もちろん抜く歯の状態や難易度、私の技術なども影響しますが、本人の体質や感じ方も影響します。すごく難度の高い親知らずを抜いた方でもまったく大丈夫な方もいます。私の方が、「本当かいな❓」と思うこともあるぐらいです。逆に簡単な抜歯で、ものの数秒で抜けたときでも痛みが強く出て、続くときもあります。わからないもんなんです(。´・ω・)?。
 まずは痛みと腫れについてみていきました。次は出血について②でみていきたいと思います。私達歯医者さんにとっては、この出血の方が気になったりします。言っても痛みと腫れはでても引くまで待つだけですからね。
                              ②へ続く。

妊娠中に悪くなった歯ぐきは治る❓

今回はよくある訴えからです。ひかる歯科ちえこども歯科にはたくさんの妊婦さんが受診されます。熊本市が行っている妊婦歯科健診もよくやっていますよ😊。その中でよくある訴えとして、「歯ぐきが腫れている気がする。」、「歯ぐきから血が出やすくなった。」、「歯ぐきがむずむずする。」などがあります。全部、歯ぐき関連ですね💦。

いろいろと原因はあります。つわりで歯磨きが難しくなればお口の中のばい菌が増えて歯ぐきが荒れやすくなります🦠。また、食事回数や嗜好の変化などによりお口の中の環境が変わることで歯ぐきに悪影響がでることもあります💧。こういったことから、歯ぐきのみならず歯(虫歯。)にも注意が必要になる時期といえます。

さらに、お口の中の汚れや環境に関係なく、歯ぐきが荒れやすくなることもわかっています😲。妊娠中は女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンの分泌が増えます。実はこれだけで歯ぐきが荒れやすくなってしまうんです。くわしくは省略しますが、同様の理由で生理中は歯ぐきが荒れたり、腫れたり、出血しやすくなるんです💦。

また、歯周病菌の中には女性ホルモンが大好きな奴がいます😲。こういった歯周病菌は妊娠中に増えやすくなってしまいます。これも歯ぐきを荒らしたり、腫らしたり、出血しやすくする原因となります💦。

こういったことから、妊娠前と同じお口の中を維持していても、妊娠中は歯ぐきの症状がどうやってもでやすくなります。ではこういった症状は妊娠が終わったらどうなるのでしょうか❓。

これについては研究結果がでており、出産後、ホルモンバランスが落ち着くと改善することがわかっています😲。そのため、妊娠中によっぽど悪くならなければそんなに心配いりません。妊娠中はできる範囲でお口のケアをしていただき、しのいでいきましょう。心配なら歯医者さんでの定期検診の回数を増やすことも有効です😊。

妊娠中に歯ぐきの症状が強くでても、歯医者さんで適切な治療を行うことで改善することもわかっています。ただこういった方は、もともと歯周病が進んでいる方が多いです😞。できれば妊娠前からお口の中を良好に保つためのセルフケアに留意し、しっかり治療をしておくこと、また定期的な定期検診を受けることをおすすめします。やっぱり妊娠中の治療には制限が出てしまいますから( ノД`)シクシク…。

妊娠中はどうしても歯ぐきが荒れやすく、腫れやすく、出血しやすくなったりします。ただ軽度であればそんなに心配いりません。出産後は必ず落ち着きます。どーんと構えていてください。

精油(エッセンシャルオイル)って 歯に使っていいの?

みなさんはエッセンシャルオイルって使っていますか❓。私はというと、自分で買ったことはまずないですね。もらったことはありますが、ちょっと使ってあとはそのままといった感じです😢。長続きしません😞。

 

エッセンシャルオイルは精油とも呼ばれていますね。植物の樹皮や花、葉、果皮などから抽出、精製された成分で、1番有名な使い方はアロマテラピーでしょうか😊。

 

さてそんなエッセンシャルオイルですが、実は歯磨き粉や洗口液にも含まれていたりします。なんのためにと思われませんでしたか❓。臭いや味を良くして、リラックスできるようにでしょうかね❓。もちろんそういった効能も期待されていると思いますが、結構しっかりとした薬効効果があったりします。いくつか報告もありますのでみてみましょう👍。

 

まず、抗菌作用がしっかりあったりします。もともとは植物が自分の身を守るために持っている成分と考えられますが、お口の中に住んでいるばい菌にも広く効果があることがわかっています🦠。さらに、ばい菌だけでなくカビの一種であるカンジダ菌や一部のウイルスにも有効であるという報告もあります👍。結構すごいんです。

 

次に歯垢(プラーク。)の中にも浸透しやすいという特徴もあります。プラークは、ただばい菌が集まっているものでなく、外部から自分たちを守るためのバリアーをはっています。フリーレンやフェルンの繰り出す防御魔法みたいなものです。コピーフリーレンやレルネンが使った黒い魔法でしか崩せません(葬送のフリーレン参照😊。)。そのため歯ブラシなどで物理的にプラークを壊さないと、薬の類はあまり効果がありません( ノД`)シクシク…。しかし、このエッセンシャルオイルはプラークの中に浸透しやすいことがわかっています😲。プラークの表面はマイナスに帯電(イオン性。)しています。洗口剤によく含まれる抗菌成分はプラスに帯電(イオン性。)しており、プラークの表面で引き合いつかまってしまうのですが、エッセンシャルオイルはプラスマイナスゼロ(非イオン性。)のため浸透しやすいらしいです👍。

 

こういった効果を持っていることからエッセンシャルオイルを歯磨き粉や洗口剤に用いることは有効であるといえます😊。もちろん基本は歯磨きなのですが、補助として用いることで、プラークを除去しやすくしてくれますし、ばい菌の減少、虫歯や歯周病の予防効果が期待できます。また他の化学的な成分と比べて、長期間使用しても副作用などもでにくいことがわかっています。

 

エッセンシャルオイルは一般的にリラックスグッズというイメージが強いと思いますが、結構しっかりとした薬効効果があります。リラックス効果なども期待できますし、是非好みのものを探してみてください。

歯科で売ってるガムは他のガムと違うの?

今日はガムについてのお話です。みなさんはガムを咬まれていますか❓。外国の方と比べると、まだまだ日本人でガムを日常的に咬んでいる方は少ないですかね。でもだんだん増えてきている印象を受けます。

 

私はというとお昼休みにお昼ご飯を食べた後にガムを咬んでいます😊。ちなみにひかる歯科ちえこども歯科で販売しているガムです。食べ過ぎ防止や歯ブラシ替わり、そして口臭予防を主な目的としています👍。

 

もともとガムは味と爽快感を楽しむ嗜好品として消費されていました。1990年頃から、健康意識の高まりを受けて、砂糖ではなく代用甘味料が使われたガムが数多く販売されるようになりました。

 

代用甘味料の代表がキシリトールです😲。他にもソルビトールやアスパルテームなどたくさんありますが、現代使われている代用甘味料のほとんどが虫歯になりにくいものとなっています。砂糖と違って虫歯菌の栄養になりにくく、虫歯の原因となる酸が酸性されないんです🦠。

 

代用甘味料はそれぞれで甘さが異なりますが、人々の嗜好のにあう甘さにする目的で、多くのガムでは複数の代用甘味料がさまざまな割合で配合されていますね😊。

さてそれでは歯医者さんで売っているガムは市販のものとどう違うのでしょうか❓。いいものなのでしょうか❓。

まず、第1の違いは、やっぱり虫歯になりにくい代用甘味料の配合率が高いことですね。わかりやすい例でいえばキシリトール100%なんかが、「まさにそれっ👍。」、という感じです。とにかくガムを咬んで虫歯にはさせない。味は二の次です(すいません。言い過ぎました🙇。おいしいですよ💖。)。

第2の違いは歯にとっていい成分が追加で入っていることが多いです。代表的なのは歯の再石灰化を促進させてくれるリン酸化オリゴ糖カルシウム(POS-Ca)やカゼインホスペプチド(CPP-ACP)などです。ひょっとしたら聞いたこと、見たことあるかもしれません。フッ化物が入っているものも結構あったりします。絶対にガムで歯を悪くさせないという強い意気込みを感じますね😊。

 

こういったことから市販品のガムより歯医者さんで売っているガムは、虫歯になりにくく、歯を強化までしてくれます。毎日咬むなら歯医者さんで売っているガムの方がおすすめです👍。

 

ガムは唾液の分泌を促進することでも虫歯や歯周病を予防してくれますし、お口の周りの機能を高めてくれる効果もあります。脳にもいいらしいですし😲、悪いことはないもありませんねΣ(・ω・ノ)ノ!。みんなで、歯医者さんで売っているガムを咬みましょう。

口腔内ウエットシート は 歯磨きの代わりになりますか?

今回はよくある質問からですね。今回の質問は、『口腔内ウエットシートはどうですか❓』というものです。小さなお子さんを持つ保護者の方や御高齢の方、要介護の方を御家族に持つ方からの質問が多いですね。

 

みなさんは口腔内ウエットシートをご存じでしょうか。薬局やドラッグストアに売っているのですが、販売されている姿は普通のウエットシートや除菌用アルコールウエットシートみたいな感じですね。意識しないとみつけられないと思います。結構いろいろなメーカーからでていたりしますよ😊。もちろんお口の中の清掃に使うものですから、安全性は保証されています。シートでお口の中の粘膜や歯を拭いてきれいにします。

 

そんなんできれいになるの❓と思われるかもしれませんが、歯に付いている歯垢(プラーク。)の除去効果は有意差をもってあると報告されています。拭き掃除に近いですから、まずまずきれいにできるようです。ただ、歯ブラシに比べるとその除去効果はるかに落ちます。細かいところ、例えば歯と歯の間なんかの清掃は不可能です😞。良い所、悪い所とまとめてみましょうか。

 

🌟良い所。🌟

○、簡単にまずまず歯垢を除去できる。

○、水が必要無い。

(水があまり使えない災害時のお口のケアグッズとしては優秀。御高齢の方や要介護の方、うがいができない方などでは誤嚥の心配が無い。)

○、柔らかいので粘膜を傷つけない。

○、粘膜のマッサージ効果がある。

😞悪い所。😞

✕、細かい所はきれいにできない。

✕、指をお口の中に入れないといけない。

(自分でやる分にはいいが、他の方のお口の中をする場合は咬まれたりするリスクがある🥶。)

などなどです。

 

上記のことから考えると、口腔内ウエットシートに関してはあくまで補助的に用いるべきと思われます。歯磨きをきちんとできるのであれば、あえて口腔内ウエットシートを使う必要はありません😞。ただ水を使わないで良いというのは大きな利点です。

 

前述しましたが水が貴重となる災害時の避難場所での利用は有用ですね😊。お口のケアがおろそかになる避難場所においては肺炎などの発症率が上がることが知られています。どんどん使うべきです👍。

 

またうがいのできない方にも有用です😊。うがいのできない方は通常通りの歯磨きを行うとむせることが多くなりますし、はぎとった汚れをお口の外に出すのが難しくなります。水を使わない、お口の中の汚れを拭きとることのできる口腔内ウエットシートはこういった時に便利です👍。うがいのできない小さなお子さんにも、補助的なら十分有用です。

 

現在のところ口腔内ウエットシートがお口のケアの中心にはなりえません。基本は歯磨き、使う場合はあくまで補助です。しかし、周りの状況や本人の状況によってはとても有用になりえます😊。正しい知識と正しい使い方をしましょう。

低出生体重児 の お口の特徴 気に留めてほしいこと

今回は低出生体重児のお口の中についてです。歯周病との関連もよく言われていますがこの低出生体重児、どのようなお子さんかご存じでしょうか❓低出生体重児とは出生体重2500g未満のお子さんのことをいいます。さらに出生体重1500g未満を極低出生体重児、出生体重1000g未満を超低出生体重児といっています👶。

 

低出生体重児はめずらしくはありません。割合で言うと最近は9.5%ぐらいで推移しており、大体10人に1人の割合となっています。もちろん当院にもたくさんの低出生体重児のお子さんが来院されています😊。低出生体重児というのは、それ自体病気でも障害でもありません。しかしお口の中に特有の所見がみられることがあるので、教えていただけると助かります。

 

それではどのような所見がみられるのかみていきましょう。

 

☆歯の出てくる時期が遅くなる👶

こどもの歯は生後6ヶ月ぐらいで出てくるのですが、低出生体重児のお子さんはこの時期が遅れる傾向があります。早く生まれていることが多いので当たり前といえば当たり前ですが、1才ぐらいまででてこないこともめずらしくありません。しかしそれ以上歯が出てこない場合は、生まれつき歯の数が少なかったり、全身疾患などの影響で歯が出るのに異常が起きていることもあるので詳しい検査が必要です。

 

☆歯の出る順番が異なる👶

原因ははっきりわかっていないのですが、出生時の気管挿管などの影響で歯がでてくるのが妨げられたと考えられるケースが報告されています。通常1番前の歯からでてきますが、そこを差し置いて奥の歯がどんどんでてきたりします。遅れてもでてくればいいのですが、あまりに遅い場合はもともと歯が少ない可能性も考えないといけません。

 

☆歯が少ないことが多い👶

これまでの所見のなかでも少し話がでていますが、こどもの歯が少ない割合が多いという報告があります。こどもの歯が少なくても基本的に何もせず、経過をみます。しかし、その後出てくる大人の歯も無いことが多く、形態などに影響がでていることも多いため、継続して経過をみる必要があります💦。

 

☆エナメル質形成不全が多い👶

歯の色が全体的に黄色や茶色になっていたり、表面がもろくなっていることがあります😞。特に上の前歯に多いことが知られており、出生体重が低いほどエナメル質形成不全を伴う割合が高くなることが報告されています。極もしくは超低出生体重児では実に60%以上に認められたとする報告もあります。

エナメル質形成不全の歯は虫歯に注意が必要になるため、出てきた直後から専門的なケアを受けることをおすすめします😊。

☆癒合歯が多い👶

癒合歯とは本来2本あるはずの歯が1本になってしまっている(癒合している。)歯のことです。歯が作られる段階でくっついてしまたんですね。下の前歯で多くみられます。次いで上の前歯も多いですね。この癒合歯の頻度は一般に1~5%といわれていますが、極もしくは超低出生体重児では15%程度にのぼると報告されています。

歯の形態が複雑になるため虫歯に注意が必要です。また大人の歯への生え変わりがスムーズにいかないことも多いので、継続的に経過をみる必要があります。

 

☆大人の歯の発育が遅れる👶

発育が遅れている大人の歯は生え変わりも遅くなる傾向があります。全体的に遅い場合は特に問題無いのですが、部分的に遅かったりする場合は処置が必要になることもあります。歯の大きさについてはほとんど変わりがないことが多いようですが、やや小さいとの報告もあります。

 

☆歯並びが悪くなることが多い👶

生まれてからの気管挿管や授乳がうまくできなかったりすることで、顎がうまく発育せず小さいことが多いです。悪い舌癖がついていることもあります。継続的に生え変わりをみながら、適切な時期に治療を行うことをおすすめします😊。

いかがだったでしょうか。低出生体重児のお子さんに特有の所見と書きまし

たが、私達歯医者さんがやることは変わりありません。気を付けないといけない

ことは増えるかもしれませんが、将来的に虫歯や歯周病のない健全な歯並び・咬

み合わせを目指す、これは一貫しています。不安なことがあれば何でもご相談く

ださい。

学校や家でもフッ素入りの歯磨き粉を使用していますが、歯科でも塗ってもらっていいですか?

よくある質問コーナーです😲。今回の質問は、「歯医者さんでのフッ素塗布と、自宅や学校でのフッ素洗口、フッ素入りの歯磨き粉の使用を併せてしてもいいのか?」というものです。特に学校でフッ素洗口をしているお子さんのご両親が心配されるケースが多いですね。

 

1番心配なのは、①フッ素が多すぎるんじゃないか?ということでしょう。そして2番目に、②そんなにいろいろして効果はでるのか?です。それぞれ答えはでているのでみていきましょう😊。

 

☆フッ素が多すぎるんじゃないか?

 

確かに不安ですよね。どんなものであっても、毒にもなりますし薬にもなります。フッ素も例外ではありません😞。一気にたくさんの量を摂取すれば急性中毒を引き起こし、下痢や嘔吐、悪心(フッ素量で2~5mg/kg、以下同じ)、さらに進むと不整脈やけいれん(5~10mg/kg)などを起こすことがあります。ちなみに致死量は32~64mg/kgとなっています。また、歯が作られる時期に慢性的にフッ素摂取量多いと、でてくる歯に変色などが起こります。斑状歯と呼ばれています(くわしくは検索を💦。)。

 

しかし、日本においては心配の必要はほぼありません。まず急性中毒ですが、実は日本でも報告はあります。1才半ほどのお子さんが歯磨き粉をたくさん(約30gとされています。)誤飲し、嘔吐などの症状がでたケース。次の日には退院していますが、30gは結構な量です。普通に生活している分にはまず大丈夫。歯磨き粉に限らず、誤飲はよくありますのでそちらに注意していただければ十分です。ちなみに海外ではフッ素入りの錠剤があり、これによるお子さんの急性中毒が多いようです。お菓子みたいですもんね💦。

 

次に慢性中毒、斑状歯についてです。これもまず心配はいりません。斑状歯は長期にわたってフッ素を体に取り入れることによって起こります。つまり飲み込む必要がある、全身応用の場合に起こります。日本では水道水のフッ素添加が行われておらず低濃度です。そしてフッ素塗布、フッ素洗口、フッ素入り歯磨き粉の使用はいすれも全身応用ではなく、お口の中での局所応用です。全身的に作用することはまずありません😊。

☆そんなにいろいろして効果はでるのか?

これも心配はいりません。やっただけ効果がでると思っていただいてかまいません。論文としてきっちり報告されています。

 

まず歯医者さんで行うフッ素塗布と学校や自宅で行うフッ素洗口やフッ素入り歯磨き粉の使用についてです。歯医者さんでのフッ素塗布は高濃度のフッ素を用います。フッ素洗口や歯磨き粉に入っているフッ素は低濃度となっており、実はそれぞれで作用機序が違います。一緒に行えばそれぞれの効果がでます😊。安心して行ってください。

 

次にフッ素洗口とフッ素入り歯磨き粉の併用です。フッ素濃度は両者とも低濃度となります。歯磨き粉を使った歯磨きのあとはうがいをしてしまうことが多いと思います。そうすると十分にその効果を得られないことも😲。フッ素洗口を併用することでカバーしましょう。(歯磨き後にうがいをしないという方法もあります。)継続してやることでそれだけ効果がでますよ😊。

 

さて、いかがでしょうか。フッ素に対する不安が少しでも無くなれば幸いです。フッ素もいろいろと言われています。100%安全なものではありませんし、使えば使うほどいいものでもありません。でもどんなものでもそうでしょう?正しく使って歯を守っていきましょう。