3才の反対咬合 受け口

熊本市中央区のひかる歯科ちえこども歯科です。

3才の受け口、反対咬合のお子さん の歯並びについて 時々 ご相談を受けます。

3才での治療が いわれるようになったのは、

取り外し式の 反対咬合改善用の装置 (ムーシールド プレオルソ など)が 開発されてからだと思います。

 

ムーシールド プレオルソ はとてもよい装置だと思いますが、

取り外し式の装置を3才に使用するのは、

はめてくれるかどうかがわからない 部分が多く、はめる、はめない、ということが お母さんやお子さんのストレスになってはよくないので

当院ではどの装置であれ なるべく5才~の矯正治療をお勧めしていました。

 

ただ、受け口をできるだけ早く改善したい、というご両親のご相談も時々あり

3才だと使ってくれるかわからないため、当院ではやっていないのですが、

3才から開始されることを否定するわけではありません、ということをお話してきました。

 

最近、3才でもお口に入れられるような 小型なつくりの装置がでてきたため、

当院でも3才~ 受け口を治す治療をしたい、という 親御さんのご希望もあり

今度1人開始することになりました。

 

その装置で治りそうか、使ってくれそうか、ということもポイントになります。

使ってくれそうなお子さんでも 実際 使ってくれるか、は別問題になるため、

3才の反対咬合の治療はかなり リーズナブルな 料金で 開始しています。

 

また、3才で、お口のアクティビティー(お口の良い機能をみにつけるためのトレーニング)は難しいため

無理のない範囲での診察になります。

 

ご興味のあるかた は一度ご相談ください。

 

 

 

お子様の 早期矯正治療 について

当院のこどものMRC早期矯正システムについて

当院では 取り外し式の装置を用いたこども矯正システムを導入しています。成長を味方につけ、お子さんの呼吸や機能を健康にすることで 結果的に歯並びや顎のバランスがよくなるものです。小3までのお子さんに特に推奨しています。