MRC矯正をはじめたころ


現在では 多くの歯科医院に しられるようになったMRC矯正ですが(当院で取り組んでいる矯正方法です)、

私がこの装置を使い始めたころは、まだそんなに知られていなくて、セミナーもほとんどありませんでした。

この装置でできることは限られている、みんなそう思っていたはずです。

装置の意味合いも、現在とは違いました。

下顎の成長が足りないお子さんの下顎を前に成長させる、みたいな定義づけで使用されていることが多かったと思います。

 

私も使い始めた当初は、この装置で治る部分というのは本当に少しでした。

しかし何人目かの患者さんのときに、従来の矯正ではみられない 奇跡的な(本当に)変化を起こしたお子さんがいて、

それからこの治療に切り替えました。

 

そのお子さんの模型は説明時におみせすることがあり、こんな変化がこれで起こるんですか?!とお母さんたちがびっくりされます。

話をちょっと聞いただけでは この装置からここまで治るとは想像できないとおもいます。

 

もともと小児歯科出身なので、歯並びについて学んでいたのですが、できれば小学1-3年くらいからの治療でお子さんの歯並びをよくしてあげたい、とおもっていました。

そういうことを学びたいと思い、矯正専門医に勤務したのですが、1-3年生でまず前歯を並べる、そのあと、

永久歯が生えそろう→スペースが足りない→ 歯を間引いて(抜歯して)治療、ということも多くありました。

 

スペースが足りないだけのお子さんだったら(上下の顎の成長バランスが悪くなければ)、小学低学年で矯正をはじめることに、意味があるのか・・・

ブラケットでの矯正治療で非抜歯で治すこと、顎の成長をバランスよくすること、に限界を感じていました。

 

そんなとき このMRC矯正の装置で 先ほど書いた ブラケットではこんな変化は起こらないな、という奇跡的な変化がおこるのをみました。

やはり 筋肉の力はすごい・・・と。

その後、全部このMRC矯正に切り替えました。

 

しかしすぐにはMRC矯正で 今のようには治せませんでした。

取り組んで沢山のお子さんの治療を担当し、

何が違うのか、どこが足りないのか、患者さんを観察して、機能を観察して考えました。

 

どの装置だと どういうことが起りやすいのか

どの機能が悪いから、こういう歯並びになっているのか 経験を積み 観察するうちに わかるようになってきて

現在はかなり高いレベルのMRC治療ができるようになりました。

 

先日も九大小児歯科時代の友人や MRCの全国のお仲間とはなしていたのですが、

MRC矯正はやはり経験、機能やこどもたちを観察する目が大事です。

基本的なことが本当に大切です。

何が悪いのか、どこが原因なのか、ということが

わかってくると どんどん治るスピードが速くなってきます。

 

私もMRCを始めてから毎年毎年いろんなことを学ばせてもらい、

毎年毎年、指導方針が変化してきています。

以前よりずっとちょっとの労力で、以前よりこどもたちもより楽しくトレーニングしてもらい、

治せるようになってきました。

 

これからも多くのことを学び、患者さんに還元できれば良いなと思っています。

 

 

お子様の 早期矯正治療 について

当院のこどものMRC早期矯正システムについて

当院では 取り外し式の装置を用いたこども矯正システムを導入しています。成長を味方につけ、お子さんの呼吸や機能を健康にすることで 結果的に歯並びや顎のバランスがよくなるものです。小3までのお子さんに特に推奨しています。